バイリンガルストーリー

世界的なドクターになる!夢を叶えるためにICUを中退し、日本医科大学に進学した渡辺さんの超勉強法とは?

watanabe_01
(写真:Pomfret School 物理の授業のクラスメートたち、一番左が渡辺さん。)

渡辺さんの海外歴と学校歴

0歳〜5歳 アメリカニューヨーク州
5歳〜13歳 東京 St. Mary’s International School
13歳〜15歳 アメリカマサチューセッツ州 Eaglebrook School
15歳〜18歳 アメリカコネチカット州 Pomfret School
18歳〜20歳 東京  国際基督教大学(ICU)※2年次に中退
20歳〜23歳 受験勉強
23歳〜現在 東京 日本医科大学

 

なぜICUを中退してまで、医者を目指したのですか?

ICUの2年生の時に東日本大震災が起こった被災地にボランティアに行きました。その時の体験が、僕の人生を大きく変えました。被災地に行くまでは、正直、「どういう企業に行くといいのか?」という視点で、就職セミナーやインターンのことを考えていました。ICUは3年生で専攻を決めるのですが、当時は専攻して学びたいことや、やりたいことが見つからずにいました。
しかし、ボランティアに参加したとき被災地で活動されている方々を間近で見て、他の人の命に関われる仕事にこそ、自分はやりがいが持てるのだと、頭ではなくハートで感じました。
被災地でのボランティア活動は、学生のボランティア団体だったので、がれき拾いが中心でした。被災地の方々と直接お会いしたとき、どれだけの惨事で大変であったかをお伺いでき、初めて事の大きさを実感し衝撃を受けたのを覚えています。
災害派遣医療チームDMAT( Disaster Medical Assistance Team)の方々の活動も聞いて、医師というプロフェッショナルが、怪我などの身体面だけでなく、精神面も同時に改善できることにすごく惹かれました。その時に「これしかない!」と確信を得ることができました。

続きを読む

海外経験なしで英語を身につけた山本さんを育てた ぐんま国際アカデミーの「英語イマージョン教育」とは?

IMG_2976
(写真:留学先のスペインで。)

山本さんの海外歴と学校歴

小1〜小3 太田市立太田小学校
小3〜小4 ぐんま国際アカデミー プレスクール
小4〜中3 ぐんま国際アカデミー 初等部・中等部
高1〜高3 慶應義塾湘南藤沢 高等部
大学 慶應義塾大学法学部

 

海外経験なしで、どうやって英語を身につけたのですか?

群馬県太田市にある、ぐんま国際アカデミーというインターナショナルバカロレア認定校で、英語イマージョン教育をやっている学校に、小学3年生から入ったことが大きかったです。
ABCとか、CATとかSOUPとか、そういった簡単な言葉は小学校3年生の時にやっていて、もう小学校4年生の時にはABCは書けていて、簡単な「Hello」とかも言えて「My name is…」も言えるようになっていました。
簡単な本を教科書として、アメリカから取り寄せた本を英語の授業で使っていましたね。授業は、国語と社会以外はすべて英語で行われましたし、生徒同士の会話も、学校内ではすべて英語で話すことがルールになっていましたね。ランチを食べる時も英語で、基本的に日常生活の全部が英語なんです。「No Japanese」というのが学校のルールで、本当に国語と社会の授業のだけ日本語を使ってよくて。朝学校に来たら「Good morning」から始まり、トイレに行きたい時も「May I go to the bathroom?」って言って行くんです。自宅や登下校中の会話は日本語ですが、ぐんま国際アカデミーに一歩入ったら、英語のスイッチがみんなオンになっていましたね。

続きを読む

東大3年の黒田さんに聞いた、100%英語で授業が行われる、東京大学PEAKプログラムとは?

kuroda_001
(写真:Howell’s School 放課後の”Walking club”で学校の周りを散歩しているとき、右が黒田さん)

黒田さんの海外歴と学校歴

0歳〜2歳 日本 東京
2歳〜3歳 中国 上海 インターナショナル幼稚園
3歳〜6歳 中国 北京 インターナショナルモンテッソーリ幼稚園 Yew Chung
6歳〜11歳 日本 東京 東京YMCAインターナショナルスクール / サンタマリアスクール
11歳〜14歳 韓国 ソウル ソウルフォーリンスクール
14歳〜17歳 イギリス 北ウェールズ ボーディングスクール Howell’s School
17歳〜現在 日本 東京 東京大学 PEAKプログラム

英語の所持資格

IELTS 8.0

 

バイリンガルになって良かった!と思えた瞬間は?

高校生の頃、ガールスカウトに参加していた時のことです。日本とアメリカのガールスカウトが一緒になって、震災後の支援として東北に行ったんですね。その時に英語と日本語が話せたので、通訳をすることができてみんなから「ありがとう」って感謝されたことが嬉しかったです。

続きを読む

慶應大学の北井さんがオススメする英語学習に役立つTEDのプレゼンは?

kitai_top
(写真:空港の近くのホテルで、真ん中が北井さん)

北井さんの海外歴と学校歴

0歳〜2歳 日本生まれ
2歳〜9歳 ドイツ デュッセルドルフ
9歳〜11歳 日本 兵庫県 西宮市立高木小学校
12歳〜13歳 日本 兵庫県 県立芦屋国際中等教育学校
13歳〜18歳 アメリカ インディアナ州 Carmel Middle School  Carmel High School
18歳〜現在 日本 慶應義塾大学法学部政治学科

英語の所持資格

英検1級・TOEFL iBT 112点・SAT 1990点

 

「トイレに行きたい」も言えない状況から、どうやって英語力を伸ばしたのですか?

英語をほとんど使ったことがない状況で、アメリカ現地の中学校に入ったので、「トイレに行きたい」ということも初めは言えなかったです。初日は、父がA4用紙に必要なことを日本語と英語を書いてくれて、例えば「父に電話がしたいです」って英語と日本語が書いてあって、当時は英語が読めなかったので、英語の上にカタカナ読みも書いてくれました。ただ、その英文も、日本で英語を習った父が作った英文だったので、今思うと不自然なものもありました(笑)

英語の上達に役立った方法の1つは「音読」です。誰かに言われたわけではなかったのですが、宿題を音読しながらやっていたので、発音や表現力が身についたのだと思います。理科や社会でも、教科書を音読してから問題を解くようにしていました。

続きを読む

日本とアメリカに10年ずつ暮らし、国連英検特A級を持つ、早稲田大学の猪狩さんが伝えたいメッセージとは?

igari
(写真:日本に帰国後、ペンシルベニア州に遊びに行った時の写真、真ん中が猪狩さん)

猪狩さんの海外歴と学校歴

0歳〜5歳 アメリカ ニューヨーク州生まれ
5歳〜8歳 日本に帰国
8歳〜11歳 アメリカ ニューヨーク州の小学校(A.P. Willits Elementary School)
/ペンシルバニア州の小学校(Bridle Path Elementary School)
12歳〜13歳 アメリカ ペンシルバニア州の中学校(Pennbrook Middle School)
14歳〜17歳 日本 桐朋女子中学校・高等学校
18歳〜現在 日本 早稲田大学政治経済学部

英語の所持資格

英検1級・国連英検特A級・TOEIC980点・TOEFL116点

 

バイリンガルになって良かった!と思えた瞬間は?

日本とアメリカにそれぞれ10年間住んでいたので、両方のカルチャーを客観的に捉えることができる点です。英語が話せることはもちろんですが、言語の奥にある文化も理解できたことが大きいと思っています。
ある時、留学生の友人に、「なぜ日本人はマナーがしっかりしているの?」と聞かれた時に、アメリカの個人主義と比較して、「日本は集団意識が強いからマナーがしっかりしているんだよ。農耕の歴史があるから集団で活動することを大切にしていたんだよ。」と私の意見を伝えることができました。

続きを読む

小学6年で英検1級、さらに国連英検特A級に合格した慶應大学の飯沼さんに学ぶ英語上達法とは?

iinuma_03
(写真:右から2番目が飯沼さん)

飯沼さんの海外歴と学校歴

0歳〜1歳半 日本 愛知県
1歳半〜8歳 ニューヨーク州ポートワシントン John Philip Sousa Elementary School
8歳〜12歳 カリフォルニア州サンフランシスコ Foster City Elementary
12歳〜18歳 日本 慶應義塾湘南藤沢 中等部・高等部
18歳〜現在 日本 慶應義塾大学 法学部法律学科

英語の所持資格

英検1級・国連英検特A級・TOEFL 113点(満点:120点)・TOEIC 990点(満点)

 

小学6年で英検1級合格はすごいですね!

英検1級の単語は、全部覚えるのが不可能だと言われるくらい難しかったのですが、文脈から意味を推測することによって、解答していったのを覚えています。このような「文脈から推測する力」は、本を読むことで養うことができました。当時、同学年で7、8人の合格者がいたのですが、英検1級に受かった人たちは、共通して本が大好きな人たちで、図書館で借りたり、親に買ってもらって読んでいる子ばかりでした。

続きを読む

5カ国(香港、シンガポール、バーレーン、日本、フィリピン)で生活してきた慶應SFCの新居さんに聞いた、日本の魅力とは?

bahrain 1
(写真:バーレーンにて、右から2番目が新居さん)

0歳〜3歳 香港
3歳〜10歳 シンガポール イギリス式インターナショナルスクール
10歳〜14歳 バーレーン イギリス式インターナショナルスクール
14歳〜16歳 日本 桐朋女子中学校
16歳〜19歳 フィリピン アメリカ式ハイスクール
19歳〜現在 日本 慶應大学SFC

 

日本と海外の学校教育の違いは?

日本の一般的な教育は「インプット型」で、海外は「アウトプット型」だと思います。日本の授業は、先生が黒板に書いたことをただ単にノートに写してずっと聞いているっていう感じでアウトプットが少なかったと感じました。例えば、フィリピンの高校では、とりあえずアウトプットを中心に授業が構成されていました。プレゼンテーション、エッセー、ディベートなど、生徒が自分の考えを育むことを目的とした授業が多かったですね。

続きを読む

ICU、ロンドン大学、東京大学大学院で学んだ飯田さんの英語力の伸ばし方

iida_TOP
(写真:前列、左から3番目が飯田さん)

0歳〜5歳 日本
5歳〜11歳 アメリカ テキサス州、オレゴン州
11歳〜 大阪インターナショナルスクール
大学 ICU、ロンドン大学 LSE(London School of Economics)
大学院 東京大学 公共政策大学院

 

5歳で海外に移住した時に、どんな苦労がありましたか?

「Hi」とか「Hello」とかも分からない状態で行きました。テキサス州の現地校に入って、しばらくの間はESLの授業で英語を伸ばしていきました。それと、母が英語教育に熱心で、英語のカードをボックスに通すと音声が流れて、それと一緒にリピーティングする英語教材を買って一緒に勉強してくれました。あとは、ほとんど毎日、図書館に行って、英語の本を借りて母が読んでくれたり、車の中で英語のカセットテープをオーディオでよく聴いたり。いつの間にか現地校の幼稚園の普通の授業に入って行くことができましたね。でも、はじめは、母が作ってくれた単語カード「I want to go to the bathroom」とかを首から提げて、先生に見せていた時期もあったみたいです。1年後には普通に授業を受けることができるレベルになっていました。

続きを読む

ピアノから一転して、独学で東大に進学した永岡さんの 決断力と自主学習のコツとは?

u.nagaoka2_resize
(右から2番目が永岡さん。)

誕生〜4歳 日本・奈良県
4歳〜18歳 アメリカ・ニュージャージー州
18歳〜現在 東京大学へ進学

 

まずは海外歴をおしえてください。

奈良県で生まれて、4歳の時に、父の仕事の関係でアメリカのニュージャージー州に渡米しました。高校を卒業する18歳までずっとニュージャージー州で過ごしました。なので、大学に進学するまで、一度も日本の学校には通ったことがなかったんです。大学進学前のスコアは、TOEFL iBTが115点で、SATは2170点でした。いろいろ考えた末、大学は、日本の東京大学に進みました。

続きを読む

3ヶ国語(英語/日本語/中国語)をマスターし、トップボーディングスクールMiss Hall’sでも成績優秀者だった藤本さんにインタビュー

fujimoto4_resize
(一番左が藤本さん。10年生のときの終わりにbanquetでルームメイトと記念に撮影)

誕生 日本
生後1ヶ月〜5歳 中国深圳(しんせん)
5歳〜中学1年春 日本 公立の小・中学校
中学1年春〜中学 中国深圳(しんせん)インターナショナルスクール
高校1年〜高校3年 アメリカボストン ボーディングスクールMiss Hall’s
大学1年〜大学4年 慶應義塾大学 経済学部

 

海外歴・留学経験をおしえてください。

父の仕事の影響で、生まれて1ヶ月くらいで中国の深圳(しんせん)に移りました。 その後、5歳の時に日本に帰国し、中学1年の春まで日本の公立の学校に通いました。中学1年の春から再び中国に移り、深圳のインターナショナルスクールに転校しました。高校からは、アメリカのボーディングスクールMiss Hall’sで3年間学び、大学は日本の慶應義塾大学に通っています。ちなみにボーディングスクールは、全寮制の寄宿学校です。

続きを読む

ビリからトップの英語クラスに上がったシローマークさんが、言語学教授の父から学んだ勉強法とは?

シローマーク2
(左から4番目がシローさん:留学先にて行われたサマーコース最終日のディナー。フラットメイトたちと)

これまでの海外歴をおしえてください。

父が筑波大学の教授だったので、茨城県のつくば市で生まれました。
生まれは日本ですが、父がイギリス人で、母が韓国人なので、僕の国籍はイギリスになっています。
小学2年にイギリスのウェールズに引越しをして、小学4年の時に日本に戻ってきて、名古屋市にある南山国際校に通いました。この学校は、インターナショナルスクールではないのですが、当時は外国籍と帰国子女だけが入れる学校でした。
大学はICU(国際基督教大学)に進学して、大学3年の時に、イギリスのシェフィールド(Sheffield)大学の政治学部に交換留学生として留学しました。

続きを読む

ハワイの大自然にあるボーディングスクールで、二宮さんは何を学んだのか?

Ninomiya1
(写真左が二宮さん:高校の卒業式にて)

0〜11歳 茨城県つくば市で生活
11歳〜18歳 ハワイ島のボーディングスクール Hawaii Preparatory Academy
18歳〜 日本に帰国。早稲田大学国際教養学部に進学

 

留学経験や経歴を教えてください。

生まれてから11歳までは、茨城県つくば市で生活していました。 英語は、公文式で習うくらいで、当時はほとんど話せなかったですね。突然11歳の時に、お母さんが「ハワイで勉強してみない?」と言ってくれて、11歳から高校を卒業するまで、ハワイに留学することになりました。留学先は、ハワイ島のワイメアという小さな町にある、Hawaii Preparatory Academyというボーディングスクールです。
この学校を選んだきっかけは、小学6年の夏休みに参加したサマーキャンプでした。この学校が開催しているサマーキャンプに1ヶ月間参加してすごく楽しかったのと、治安も悪くないので、この学校に正式に入ることにしました。

続きを読む

国と国の架け橋になりたい! アメリカ、フィリピン、日本で暮らした早稲田大学・井戸さんのバイリンガル勉強法とは?

ido2(写真左が井戸さん)

井戸さんの海外歴を教えてください。

日本で生まれてから5年間を過ごした後に、アメリカで6年間、フィリピンで4年間生活し、 日本に戻ってきました。アメリカでは、初めの3年はニュージャージー州で、残りの3年はサンディエゴのカリフォルニア州でした。帰国後も、アメリカンスクールに入ったので、大学に入るまで日本の教育は全く受けていないんです。

続きを読む

英語ができると夢がどんどん広がっていく! 帰国子女が多い啓明学園から早稲田理工に進学した 河野くんに学ぶ、ビジョンの描き方

画像①6歳の時、所属していたサッカーチームのパーティーで。(一番右が河野くん)

バイリンガルになって良かったことは何ですか?

東京の昭島にある、小中高一貫校の啓明学園という帰国子女が多い学校に通っていたので、高校までは自分がバイリンガルであることを意識したことがほとんどありませんでした。3ヶ国語話せる生徒もいたので、バイリンガルのアドバンテージを感じなかったんですね。
早稲田大学の先進理工学部に進学した時に、自分がバイリンガルであることを実感しました。いわゆる文法を中心とした従来の英語教育を受けてきた人たちとは、スピーキングやライティングで違いを感じました。
就職活動でも、会社からは英語力が求められますし、TOEICの基準も年々上がっていると聞きます。僕は、そこから発展させて、TOEICのスコアでは測れないような、深いコミュニケーションやディスカッションができるという価値を提供していけると感じました。

続きを読む

なぜ多読が大切なのか? 慶應大学の山本さんに学ぶ、日本での英語勉強法とは?

14837_1139277527656_1398950214_30350160_457011_n

バイリンガルになって良かったと思うことは?

自分の視野を広げられることですね。
日本語だけでなく、英語が話せることで、交流できる人の数が圧倒的に増えました。
言語が違うと、価値観も異なることが多いので、多様な価値観の人とコミュニケーションをとることで、新たな視点を得られると思いました。
それから、情報収集の量も圧倒的に増えますよね。
世界中には、もちろん日本語よりも英語で書かれている本や文献が多いので、日本語だけだと、情報収集に制限が出てしまいます。大学に入った時に、そのことを実感しましたね。

続きを読む

3ヶ国語を身につけた寺脇友紀さんは、なぜ世界の広がりと豊かさを感じたのか?

terawaki

寺脇さんの生立ちと海外歴を教えてください。

日本で2歳まで過ごして、2歳から9歳までの7年間、アメリカのニュージャージー州に住んでいました。 9歳から12歳までの3年間は日本で過ごして、12歳から16歳までは中国の上海で暮らしていました。その後、16歳で日本に帰ってきて、慶應義塾湘南藤沢高等部に入学し、大学は、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)の総合政策部に進学しました。
上海にいた時は、中国系のインターナショナルスクールに通っていたので、この時期に、英語だけでなく中国語も勉強しました。最初の1年で中国語の基礎を身につけて、それから応用力を身につけました。
日本語は、家族が日本人なので会話はできたのですが、漢字が書けなかったので、9歳で帰国した時に苦労しました。

続きを読む

SAT2100点という高得点はどうやって取ることができたのか?慶應大学の鈴木さんのバイリンガル勉強法に迫る!

hana_001

鈴木さんの生い立ちと海外歴を教えてください。

日本で生まれて3ヶ月ぐらいでアメリカのニューヨークに引っ越しました。 その後、2歳から高校3年の18歳までニュージャージーに住んでいました。
母親が「まず日本語をしっかりと身につける」という考えを持っていたので、小学生の時は、日本人学校に通いました。この時は、ほとんど英語は話せませんでした。
父がアメリカ人で少しだけ日本語が話せるので、小学生の時は、父とも日本語で話していましたが、中学生になってからは、家で父とは英語、母とは日本語でコミュニケーションをとるようになりました。
中学、高校はニュージャージーの公立の学校に通って、大学は日本の慶應義塾大学の経済学部に進学しました。生まれて3ヶ月でアメリカに引っ越ししたので、日本に住んでみたいという気持ちが強くて日本の大学を選びました。

続きを読む

高3でTOEFL PBT 660点の三浦さんの英語力を飛躍させた 慶應義塾湘南藤沢中等部・高等部の英語の授業とは?

miura_001

三浦さんの生立ちや海外歴をおしえてください

東京で生まれて、5歳から12歳まで親の転勤でアメリカに住んでいて、 5歳から7歳までジョージア州、その後、12歳までコネチカット州やニューヨーク近辺に住んでいました。
帰国して、慶應義塾湘南藤沢中等部・高等部に入学しました。大学は、慶應義塾大学法学部政治学科に進学し、大学3年次に、ロンドン大学の東洋アフリカ研究学院に1年間留学しました。

続きを読む