バイリンガルストーリー

国と国の架け橋になりたい! アメリカ、フィリピン、日本で暮らした早稲田大学・井戸さんのバイリンガル勉強法とは?

ido2(写真左が井戸さん)

井戸さんの海外歴を教えてください。

日本で生まれてから5年間を過ごした後に、アメリカで6年間、フィリピンで4年間生活し、 日本に戻ってきました。アメリカでは、初めの3年はニュージャージー州で、残りの3年はサンディエゴのカリフォルニア州でした。帰国後も、アメリカンスクールに入ったので、大学に入るまで日本の教育は全く受けていないんです。

続きを読む

英語ができると夢がどんどん広がっていく! 帰国子女が多い啓明学園から早稲田理工に進学した 河野くんに学ぶ、ビジョンの描き方

画像①6歳の時、所属していたサッカーチームのパーティーで。(一番右が河野くん)

バイリンガルになって良かったことは何ですか?

東京の昭島にある、小中高一貫校の啓明学園という帰国子女が多い学校に通っていたので、高校までは自分がバイリンガルであることを意識したことがほとんどありませんでした。3ヶ国語話せる生徒もいたので、バイリンガルのアドバンテージを感じなかったんですね。
早稲田大学の先進理工学部に進学した時に、自分がバイリンガルであることを実感しました。いわゆる文法を中心とした従来の英語教育を受けてきた人たちとは、スピーキングやライティングで違いを感じました。
就職活動でも、会社からは英語力が求められますし、TOEICの基準も年々上がっていると聞きます。僕は、そこから発展させて、TOEICのスコアでは測れないような、深いコミュニケーションやディスカッションができるという価値を提供していけると感じました。

続きを読む

なぜ多読が大切なのか? 慶應大学の山本さんに学ぶ、日本での英語勉強法とは?

14837_1139277527656_1398950214_30350160_457011_n

バイリンガルになって良かったと思うことは?

自分の視野を広げられることですね。
日本語だけでなく、英語が話せることで、交流できる人の数が圧倒的に増えました。
言語が違うと、価値観も異なることが多いので、多様な価値観の人とコミュニケーションをとることで、新たな視点を得られると思いました。
それから、情報収集の量も圧倒的に増えますよね。
世界中には、もちろん日本語よりも英語で書かれている本や文献が多いので、日本語だけだと、情報収集に制限が出てしまいます。大学に入った時に、そのことを実感しましたね。

続きを読む

3ヶ国語を身につけた寺脇友紀さんは、なぜ世界の広がりと豊かさを感じたのか?

terawaki

寺脇さんの生立ちと海外歴を教えてください。

日本で2歳まで過ごして、2歳から9歳までの7年間、アメリカのニュージャージー州に住んでいました。 9歳から12歳までの3年間は日本で過ごして、12歳から16歳までは中国の上海で暮らしていました。その後、16歳で日本に帰ってきて、慶應義塾湘南藤沢高等部に入学し、大学は、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)の総合政策部に進学しました。
上海にいた時は、中国系のインターナショナルスクールに通っていたので、この時期に、英語だけでなく中国語も勉強しました。最初の1年で中国語の基礎を身につけて、それから応用力を身につけました。
日本語は、家族が日本人なので会話はできたのですが、漢字が書けなかったので、9歳で帰国した時に苦労しました。

続きを読む

SAT2100点という高得点はどうやって取ることができたのか?慶應大学の鈴木さんのバイリンガル勉強法に迫る!

hana_001

鈴木さんの生い立ちと海外歴を教えてください。

日本で生まれて3ヶ月ぐらいでアメリカのニューヨークに引っ越しました。 その後、2歳から高校3年の18歳までニュージャージーに住んでいました。
母親が「まず日本語をしっかりと身につける」という考えを持っていたので、小学生の時は、日本人学校に通いました。この時は、ほとんど英語は話せませんでした。
父がアメリカ人で少しだけ日本語が話せるので、小学生の時は、父とも日本語で話していましたが、中学生になってからは、家で父とは英語、母とは日本語でコミュニケーションをとるようになりました。
中学、高校はニュージャージーの公立の学校に通って、大学は日本の慶應義塾大学の経済学部に進学しました。生まれて3ヶ月でアメリカに引っ越ししたので、日本に住んでみたいという気持ちが強くて日本の大学を選びました。

続きを読む

高3でTOEFL PBT 660点の三浦さんの英語力を飛躍させた 慶應義塾湘南藤沢中等部・高等部の英語の授業とは?

miura_001

三浦さんの生立ちや海外歴をおしえてください

東京で生まれて、5歳から12歳まで親の転勤でアメリカに住んでいて、 5歳から7歳までジョージア州、その後、12歳までコネチカット州やニューヨーク近辺に住んでいました。
帰国して、慶應義塾湘南藤沢中等部・高等部に入学しました。大学は、慶應義塾大学法学部政治学科に進学し、大学3年次に、ロンドン大学の東洋アフリカ研究学院に1年間留学しました。

続きを読む

父との会話で、真のバイリンガルになることを決意した慶應義塾大学SFC在学中の桂志帆さんのストーリー

katsura1

桂志帆さんの海外歴を教えてください。

父が旅行やブライダルの仕事をしていた関係で、海外の観光地で過ごしました。
オーストラリアで生まれて、ゴールドコーストに7歳まで住んでいました。その後、ケアンズに引っ越して、11年間オーストラリアに住んでいました。小学校6年生に進級する時に、次は日本に引っ越しました。日本の小学校6年生に編入して、小6と中学1年生の2年間を日本で過ごしました。次は、グアムに引っ越して、グアムで高校4年間を過ごしました。
日本で編入した小学校が、神戸大学発達科学部附属住吉小学校(現在、閉校)という国立の小学校で、1、2、3組が受験で入学した子たちで、4組は帰国子女のための特別なクラスで、私は4組に在籍しました。この小学校の出身者には、官僚の白洲次郎や俳優の森山未來がいます。
2012年にグアムの高校卒業した後に、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)の総合政策学部に進学しました。

続きを読む

5つの国(ドイツ、フランス、アメリカ、日本、中国)で暮らしてきた 柴田友理さんが経験した文化と教育の違いとは?

shibata フランス・バイヨンヌ 姉の誕生日会 (後ろ右がわたしです笑)
※後ろ右側が柴田さん

海外歴など自己紹介をお願いします

私は、今まで父の仕事の都合で、16年半の間、海外生活をしてきました。 ドイツのデュッセルドルフで生まれて3年間生活しました。その後、フランスの南西部のバイヨンヌというところに2年ほど住みました。次に、アメリカのニュージャージー州に移住して、現地の小学校に4年ほど通いました。そして、初めて日本に引越しをして、横浜で1年間公立の小学校に通いました。最後は、中国の上海に移って7年半、上海のインターナショナルスクールとアメリカンスクールに通いました。
ドイツとフランスにいたときは、すごく小さかったので、あまり覚えていませんが、アメリカが毎日楽しかった記憶は残っています。

続きを読む

アメリカから帰国し、頌栄女子学院、ICUに進学。北坂さんは、どうやって文化の違い、英語力の低下を乗り越えたのか?

kitasaka Scan 4

北坂さんの生立ちや海外歴について教えてください。

日本で生まれて、数か月して、アメリカのニュージャージー州に引っ越して、 そのまま12年間、小学校6年生まで現地校に通いました。
その後、日本に帰ってきて、1年間だけ公立の小学校に入って、そこから頌栄女子学院に入学して、中学1年の1年間だけ頌栄女子学院にいて、中2の時に、父がマサチューセッツに行くことになったので、1年間だけだったんですけど、中2の時に、またアメリカに戻って、中3からはずっと日本で、現在はICU(国際基督教大学)に通っています。

続きを読む

具体的な目標があると、英語はグングン上達する!バイリンガル教師  麓(ふもと)えり さんに突撃インタビュー

photo 2
名称未設定

 

日本にいながら、英語を維持するコツはありますか?

高校生の時に、日本に帰国したのですが、高校生活中は部活動のアーチェリーに夢中になり、 インターハイや国体に出場する中で、あまり英語の学習に時間がさけませんでした。
それでも、英語科の先生に休み時間話しに行ったり、話す機会をできるだけ作るようにしました。
また、留学したいと目標を持ち始めてからは、TOEFL受験のために単語帳を作ったり、ライティングの練習をしたのですが、具体的な目標を持つことで、限られた時間の中でも、英語力を伸ばせるのだと思います。
その他にも、洋画を見たり、YouTubeなどで好きなチャンネルを見つけて、生きた英語に触れるようにしました。

続きを読む

3ヶ国語(英語・スペイン語・日本)を自在に操る 上智大学4年の本間薫さんへの突撃インタビュー

20150119112916
(左一番前が本間さん)

なぜ、本間さんは3ヶ国語も話せるんですか?

14年間、中央アメリカ南部に位置するコスタリカ共和国で暮らしていました。
国の公用語はスペイン語なので、街での買い物や友達との会話はスペイン語、もしくは英語で、私が通ったインターナショナルスクールの授業は英語が中心で、家では日本語で話すルールになっていたので、3ヶ国語が使えるようになりました。
今振り返ってみると、それぞれの場所(街・学校・自宅)で、それぞれの言語(スペイン語・英語・日本語)しか使わなかったので、それが同時並行で語学力を鍛えたのだと思います。

続きを読む

日本語を一切使えない環境で、多くの壁を経験した井上麻衣子さんのバイリンガルストーリー

IMG_3253

まず自己紹介をお願いします。

私はスペインのバルセロナで生まれ、父の仕事の関係で2回にわたり9年間スペインに住んでいました。
3歳からAmerican School of Barcelonaに在籍し、幼稚園の年中の時に、日本に帰国しました。
日本では、光塩女子学院幼稚園に編入して、初等科へ入学したのですが、小学4年の時にスペインに2度目の駐在をすることになります。
スペインでの学校は、1回目のときと同じAmerican School of Barcelonaの4年生に編入しました。中学2年生の2学期からもう一度日本に帰国することになり、公立の地元の中学校へ編入。その後国際基督教大学高校からそのまま国際基督教大学へ進学しました。
その他の留学経験としては、大学2年生の夏に、一ヶ月だけYale大学のサマーセッションに参加しました。Film Studiesという映画に関する学部の授業を取り、初めての寮生活も体験しました。

続きを読む

バイリンガルが明かす英語勉強法(太田亮くん)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

英語塾キャタルでバイリンガル講師として活躍している太田亮くんに英語習得の秘訣をインタビュー!

 

ロンドンへの留学が決まっているそうですが、詳しく教えてください。

15年1月からロンドンにある、ロンドン大学東洋アフリカ学院(SOAS)に留学します。期間は半年間で、研究領域は、アジア、アフリカ、中近東で、日本も含まれます。イギリスから見たアジアもしっかりと研究したいと思っています。

続きを読む

バイリンガルが明かす英語勉強法(原優実さん:後編)

hara_008 のコピー

日本の中学、高校を卒業後、アメリカの大学に進学した
原優実さんに英語習得の秘訣を突撃インタビューの後編!

 

3年間で何冊くらい洋書を読みましたか?

高校3年生になると、受験で本を読まなくなりましたけど、それまでに数十冊は読みました。分厚い本もあって、一冊読むのにすごく時間がかかりました。
その他には、自宅でタイム誌を取っていたので、それは難しくて内容が分からなかったですが、とにかく音読していました。

続きを読む

バイリンガルが明かす英語勉強法(原優実さん:前編)

hara_01

日本の中学、高校を卒業後、アメリカの大学に進学した
原優実さんに英語習得の秘訣を突撃インタビューの前編!

 

日本の中学と高校を卒業して、アメリカの大学に進学されましたが、留学するための英語力はどうやって身につけましたか

私は、中高は都内の頌栄(しょうえい)女子学院という私立の女子校に通いました。その後、アメリカの大学に進学してバージニア州立大学を卒業して、日本に帰国し、現在は英語塾キャタルで働いています。

続きを読む