福岡の英語教育

長文を読むことで語彙力と理解力がついてくる 修猷館高等学校1年 原野桂樹くん

桂樹くんは福岡県立修猷館(しゅうゆうかん)高等学校に通う1年生。中学2年生の冬にキャタルに入学して1年半で、英語力を飛躍的に伸ばしています。
お母さんがアメリカの大学に長期留学の経験があり、英語に携わるお仕事をされているということで、桂樹くんがお腹の中にいる頃から、フォニックスを話したり英語の歌を歌ってくれていたそうです。桂樹くんの英語の発音が良いのはそのおかげでしょうか。
これまでのキャタルでの取り組みや、それによってどんな効果があったか、そしてこれからの目標を話してもらいました。
続きを読む

新しい大学入試には4技能!2020年度からの入試に備える

文部科学省は16日、2020年度から新しくなる大学入試の実施方針案と問題例を発表しました。
英語では民間検定試験を活用し、「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能が評価対象となることが発表に盛り込まれていました。

しかし、従来の英語教育は「読む」「聞く」が主に問われ、中学高校の英語教育もこの2技能を中心としている。ここからいきなり4技能へと教育を変えるのも無茶な話に聞こえますよね。

2020年の大学入試改革を経験する子どもたちに、どのような準備をさせれば良いのでしょうか?

続きを読む

子どもが英語嫌いになる!?新学習指導要領案で注意すべき点とは

2020年度から日本の英語教育は大きく変わります。
先日2月14日に、文部科学省は小中学校の新学習指導要領案を公表しました。その内容は以下の通りです。

・小学3年生から英語に親しむ活動を開始する
・小学5、6年生からは正式教科になり、三人称や過去形などの文法を学習する
・小3から6年の計4年間で英単語600〜700語を習得する

「小3から英語!?」と驚かれている方もいると思います。確実に英語教育は早まっており、早くから英語の勉強に取り組んだお子様の方が有利になる時代となってきたようです。

しかし、さらに懸念すべき点が一点あります。
それは、英語が正式教科となる小5から、早速文法をメインとした学習が進められることです。

続きを読む

IB経験者が語る!国際バカロレアで身についた3つのスキル

これまでの記事にて国際バカロレア(IB)そしてそのディプロマプログラム(DP)についてご説明しました。
では、実際に国際バカロレアの教育を受ける生徒はどのように成長するのでしょうか?

実は、筆者は中学〜高校時代に国際バカロレアの教育を英語で受けました。
国際バカロレアの教育によって得たものは多々ありますが、大きく3つのスキルに分けられます。
今回は筆者の実体験から、国際バカロレアの教育で得たことをお伝えしたいと思います!

続きを読む

高校生向けの大学レベル教育、国際バカロレア”DP”とは?

fatigued-1822678_1280

前回の記事でご紹介した「国際バカロレア(IB)」。
今、IB教育が日本の教育現場では大変注目を浴びています。

IB教育とは英語で行われる国際基準の教育プログラムで、もともと日本国内では主にインターナショナルスクールで導入されていました。前回の記事では、なぜこのIBの教育プログラムが注目されてきているのかをご説明しました。

IB教育のうち、とくに「ディプロマプログラム」が着目されています。
この「ディプロマプログラム」とは一体どのようなものなのでしょうか?
そして、日本での教育とはどのように異なるのでしょうか?
今回はIBのディプロマプログラムについて解説していきます!

続きを読む

海外の有名大学への道が開ける「国際バカロレア」とは?

young-1822682_1280

2020年にはセンター試験が廃止されることも決まり、教育現場では様々な変化が起きています。政府は次から次へと教育改革を推進しており、「情報量についていけない…」と思われている方も多いのではないでしょうか。

さて、今回はその改革の一つをご紹介します。

「2018年までに国際バカロレアのディプロマプログラムを採用する学校200校を目指す」

ーこちらの政策はご存知でしょうか?

国際バカロレアって何?と疑問に思われた方々へ。
まずは簡単にこの教育プログラムのご説明をします!

続きを読む