おすすめの洋書

【オススメの洋書紹介】~「示唆に富んだ本」と呼べる代表作~1984 Nineteen-eighty four(1984年)


今回ご紹介する本は、1949年にイギリスの作家によって生み出された小説です。この小説は、戦争が終わった4年後に出版されました。

Nineteen Eighty Four(1984年)
著者:George Orwell(ジョージ・オーウェル)

本では、全体主義国家によって分割統治された近未来世界の恐怖が描かれています。書かれている内容がまるで現実世界を描写したかのように的確に表現されているため、どの時代においても大人や子どもに関係なく、多くの人々に読まれている一冊です。

核戦争を経た1950年代、世界はオセアニア、ユーラシア、イースタシアという3つの超大国によって分割統治されています。この世界では至る所で紛争が勃発し、常に戦争が繰り返されています。
この作品のメインの舞台であるオセアニアでは、思想、言語、結婚など、全てにおいて統制されており、物資は欠乏し、さらに市民は常にテレビとマイクによって全ての行動を監視されています。

小説の中に、こちらの一文が書かれています。皆さんはどのような意味か分かりますか?
“A peace that was truly permanent would be the same as permanent war.”
「永遠に続く平和とは、永遠に続く戦争と同じである」

この世界では、言語も全てコントロールされており、毎日のように言葉の意味が交換されたり、新しい言葉が作られたり、言葉が元々持っている意味とは逆の意味を持たせたりすることによって人間の思想を狂わせ、人々をコントロールしやすいようにしています。このような世界で起こっている紛争ですが、実はこの3大国には戦争をする理由はないのです。しかし、戦争をすることで市民は戦争に没頭し、常に生死の境をさまよっていると、毎日を生き抜くことと相手国を憎むことだけに全てのエネルギーを注ぐようになります。すると市民は、この状況は永遠に続くものだと考え、自分達の置かれている世界に慣れてしまい、政府がなぜ戦争をしているかといった疑問を持たなくなります。そして、常に戦争をしているということは、逆にそれ以外の暴動は何も起きないということから「平和」であるという哲学を、コントロールしている側の政府が作ってしまったのです。

現代社会において、戦争が自分達の身近で起こっているものであると考えることは難しいかもしれませんが、他国で起こっている脅威を情報として知ることで、日本に住む人々は自分の国がいかに平和であるかということを認識します。しかし、実はそれが平和ボケの感覚を強め、自国の税金がある程度何に使われていようとも気にならないという「マインドコントロール」を促進しているのかもしれません。
この小説はどの時代においても、その時代の社会に潜んでいる問題を示唆しているのです。

 
物語を読むことを通して英語に興味を持つきっかけになると嬉しいです。
他の「英語学習にオススメの洋書」はこちら

【オススメの洋書紹介】~文学の最大のテーマ「愛」が及ぼす影響とは?~ A general theory of love(ア・ジェネラル・セオリー・オブ・ラブ)

英語の学習を継続する上で、自分にとって興味のある分野を英語で学ぶという方法は、楽しいという気持ちを引き出しやすく、学習を継続する意欲へ繋がります。今回は文学好きな方なら誰もが一度は目にしたことのある「愛」をテーマとした本をご紹介します。
続きを読む

【英語学習に役立つ本の紹介】 ~「言葉で遊ぶ」ことがベースとなる英語のジョークを学ぼう~ This is a book(ディス・イズ・ア・ブック)

「英語でジョークが言えるようになる」というのは、多くの英語学習者が目標としているレベルの一つではないでしょうか。

海外の人々と話す時に、簡単なジョークをサラリと混ぜながら会話をする姿はとてもかっこよく、憧れる方が多いかと思います。今回は、アメリカのコメディアンが書いた英語のジョークの本をご紹介します。
続きを読む

【オススメの洋書紹介】 ~英語学習を継続させるための工夫とは?~ BUILT TO LAST(ビルト・トゥー・ラスト)

皆さんは英語の学習を始めて、どのくらいの時間が経っていますか?

子どもの頃から英語を使い続けている方もいれば、大人になってから本格的に学び始めたという方もいるかと思います。
語学を学ぶ上で最も大切なポイントは、継続力です。
続きを読む

【英語学習に役立つ本の紹介】 ~美しい英語で綴られた「教育は世界を変える」というメッセージ~ I Am Malala(アイ・アム・マララ)

今回は、2014年にノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんの実話が記された本をご紹介します。

I Am Malala(アイ・アム・マララ)
著者:Malala Yousafzai(マララ・ユスフザイ)氏

“One child, one teacher, one pen, and one book can change the world.”
続きを読む

小3から英語が始まる!?2020年までにできる準備とは

4d2893f9e732226f96ff0ccb1627869f_s

8月1日、中央教育審議会が2020年に改定される学習指導要領のまとめ案を公表しました。その中で、現在の学習指導要領と特に大きく変わるのが、英語教育です。
下記が主な変更点です。

  • 小学校3年生から英語が始まる(現在は小5)
  • 小学校5年生から英語が教科になる
  • 小学校5, 6年生は、英語を週2コマ学ぶ(現在は1コマ)

このように、かなり早期から英語教育に力を入れるようになることがわかります。

しかし、小学3年生から英語に触れ始め、さらに授業の時間数も増えるため、生徒たちは大忙しです。中には、その忙しさに嫌気が差してしまい、英語嫌いになってしまう子も出てくるかもしれません。

どうすれば今のうちに準備すれば良いでしょうか?
また、すでに英語を始めている子の場合、どうすればさらに忙しくなる前にもっと英語を好きになれるでしょうか?
続きを読む

英語の勉強がおもしろくなる!ワクワクできる教材とは?

869055164e74ac16ab8a7b76a1c9bfbc_s

「学校で使う英語の教科書がつまんない。」
大半の方々は、学生時代にそう思ったことがあるでしょう。
実際、この前来てくれた高校生の子も、「学校の教科書がつまんない。話が全然面白くないもん」と嘆いていました。

面白くない映画を見ても、途中で退屈になってしまいますよね。さらに「あの映画、どうだった?」と聞かれても、「ちょーつまんなかった」と答える。誰でもそうなってしまいます。

英語学習も同じです。教科書に載っている話が「つまらない」と感じると、どれだけ読み直しても全然頭に入ってこない。終いには「つまんない、嫌い」と負の感情を覚えてしまいます。

つまらないものは、続かない。
でも、「つまらない」のは英語ではなく、使っているテキストなのです。
では、その「つまらない」を「おもしろい」に変えるには、どんな学習方法が良いのでしょう?

続きを読む

留学せずとも大丈夫!?日本で英語力を高める方法

499e0bbfeb7e77fbe9ef2c475ade0237_s

「日本に住みながら英語を習得するなんて・・・」
英語を学習している途中、このように思ったことはありませんか?

日本にいると、英語に触れる機会は他国に比べて少なく、どうしても英語は「慣れない言語」のままとなってしまいますね。そして結局発音も「日本人英語」のまま、苦手意識だけが募り、英語が嫌になってしまう。そして終いには、「やっぱり海外に住んでいないと英語力が伸びないんだ」と思ってしまう…。

もちろん、海外に行き、現地で刺激を受け、英語力を高めるのも一つの効果的な方法です。ただし、必ずしも「海外に行くこと」が英語力を強化するために必須、というわけではありません。

日本にいながらも、英語力を高めるためにできることは十分あります。

続きを読む

Reading対策に自分の好きなストーリーブックを使ってみよう 

IMG_9354

本日はTEAPのReadingのスコアアップのために使える、
日々音読できるCD付のストーリーブックの紹介をします。

いわずもがな英国を代表する作家、チャールズ・ディケンズの「Great Expectations」。
僕自身がディケンズのGreat Expectaionsに出会ったのはPip役のイーサン・ホークとEstella役のグウィネス・パルトロウ主演の映画でした。(邦題:大いなる遺産)

続きを読む

Halloweenの文化がわかりやすい本

ハロウィーン本

今日はキャタルの近くでもハロウィーンの仮装をした子供達が歩いていて可愛かったですね。

ハロウィーンを題材にした本がたくさん出版されていますが、この本は子犬のCliffordがエミリーと共にハロウィーンを楽しむ様子がとても可愛いく描かれています。また子供が読むとハロウィーンでどんなことをするのかがわかることでしょう。

ご近所でお菓子をもらいに行く様子「trick or treat」・南瓜をくり抜いたジャコランタン作り・キャンディーアップルの典型的なお菓子・こどもの仮装パーティー・部屋の中で手作りのお化け屋敷やお母さんからの怖いお話など、日本とは違う文化に触れることができます。子供たちが英語の本を読むきっかけになるのはこのようなシーズンや楽しい文化を感じる本がいいかもしれませんね。

 

これからクリスマスや新しい年を迎えるシーズンも楽しくて心温まるような本を子供たちに読んでもらいたいものです。キャタルでもまた生徒に読んでもらえる本を増やしていこうと思います。

 

Clifford's2

 

今日のレッスンでハロウィーンのお菓子をもらった生徒が私にキャンディーを分けてくれました。小さな心遣いが嬉しく私もキャンディーをあげて楽しいレッスンでした。

読み聞かせにおすすめ! The Giving Tree

tate

本日はキャタル社内の女性がすすめてくれた絵本をご紹介します。(笑)

タイトルは「The Giving Tree」

日本では翻訳された「おおきな木」がロングセラー、となっていますね。
1964年が初版ですので、50年以上の歴史がある本です。

ちなみに著者のシェル・シルヴァスタインはイラストレーターであり、
1969年、1984年にグラミー賞を受賞するなどシンガーソングライターの顔も持つ多才な方です。

さて、気になる内容ですが、
主人公の男性の子どもの時からおじいさんの時までの一生が、一本のりんごの木の目線で描かれているもので、

「人に与えるとは」
「自然の大切さとは」

この2つが生き方のエッセンスとして、
シンプルな絵とことばの中にギュッと凝縮されています。

文中に頻繁に登場する ”And the tree was happy.”

子どもだけでなく、大人が何度読んでもこのフレーズにはっとさせられる、と思います。
この作品に出会えたことに感謝です。

Halloweenの本が届きました!

ハロウィーンの本

キャタルには生徒さんにたくさん英語の本を読んでもらい、楽しみながら英語を学ぶ楽しさを知ってもらえるように、無料の貸し出しライブラリーがあります。ハロウィーンにちなんだ可愛い本を9冊仕入れました。

どれもイラストがたくさん入っている本で英語もシンプルな表現のばかりです。

 

早速、本を選んでくれています。

英語本を貸し出し

本の貸し出しは一週間です。気に入った本をお家に持ち帰って自分の好きな場所でくつろいだ時間に読んでいただけます。この時も兄弟でどれにするかページをめくりながら選んでいました。

 

 

続きを読む

読み聞かせにおすすめ! Please, Mr. Panda

IMG_8803
今日は主に小学生向けの絵本をご紹介します。
タイトルは「Please, Mr. Panda」
個人的には表紙を見るだけですでに癒されています。笑

作家でイラストレーターのSteve Antonyはイギリス生まれのニューメキシコ育ち。
デビュー作の「THE QUEEN’S HAT」がオスカー賞を受賞しています。

さて、内容としては主人公のパンダが友人の動物たちであるペンギンやクジラやネコに
“Would you like a doughnut?”と尋ねていく、というとてもシンプルなストーリーです。

返事の仕方がさまざまなのですが、
正しい返事ができた友人はたったの一匹でした。

絵本を通してすぐに使えるフレーズを学べるのももちろんいいのですが、
英語を通じて万国共通の礼儀・礼節を学べるのがそれ以上にいいな、と思った1冊でした。