TEAP

TEAPスピーキング対策に、朝食の時間を有効活用しよう!

45d332709126521eb474ed96f1ab6750_m-e1476521436532

次のTEAP試験に向けて、準備はいかがでしょうか?
さて、最後のスピーキング対策アドバイスは、どのようなテーマの質問が来ても答えられるように備えるための対策です。

スピーキングの質問は教育から政治そして環境問題まで、様々なテーマが扱われます。
これらの質問をしっかりと理解し答えられるようになるには、ある程度の知識を持っていた方がもちろん有利になります。十分な回答ができる上、答える時にも心に余裕ができます。

この知識を蓄えることは実はそれほど難しいことではありません。
毎日の朝食時間を使えばいいだけなのです。
続きを読む

難しい質問でも、賢く聞こえるスピーキングの回答とは?

e6eaf35db7f44c57098ed6c70ca6bfc0_m-e1474979134952

みなさん、TEAP対策はいかがですか?

TEAPのスピーキングでは、短時間で素早く答え、さらにまとまった回答を言う必要があります。特に、part 4 ではあまり準備する時間も与えられないので、その場で答える力が必要です。

しかし、時には難しい質問も出される中、それを英語で答えるとなると、それだけでも緊張してしまいますし、焦ってしまいますよね。

今回、そんなあなたが焦らずにしっかりと答えられるようになる、簡潔な回答の構成方法を教えます!

続きを読む

TEAPのスピーキングはアイデアの力で乗り切ろう!

d3c81fc6b6ec7987487857eb7a58d551_s

第2回のTEAPが終わりましたね。受験生の皆さまいかがでしたか?
「次のTEAPまで2ヶ月ある…」とホッとしているところでしょう。
しかし、油断は禁物です。11月までにできることはたくさんあります!

試験でやはり難関なのは、スピーキング。かなり難しい質問を容赦なく次から次へと出してきます。
普段、英語をあまり話す機会がない方は、どのようにして対策すれば良いでしょうか?

続きを読む

二次試験のスピーキングにはこの3ステップで挑もう!

20141112_02

英検、TOEFL, IELTS など、様々な英語の試験でスピーキングが導入されています。そのうち多くは、受験者の意見を伺うものです。

面接ではその場で出される質問に対し、とっさに英語で主張を考え、スラスラと答える「瞬発力」が必要となります。 普段、英語で話すことに慣れていない場合、これは難題に思えますよね。

さらに、自分の意見を構成して述べるということも難しく感じられます。普段、日本語でさえ議論をしたり、意見を述べる機会が少ない場合、これを英語で行うとなると、気が遠くなるような話です。

では、どのように練習すれば良いでしょうか?

実は、簡単な3ステップさえ頭に入れておければ、しっかりとした答えを出せます。

続きを読む

英語ネイティブでもTEAPで良いスコアは取れない??

TEAPを12月上旬に受験し、すべてのスコアが出たのは翌月上旬。
同じく12月に受験した知人たちにスコアを聞いてみました。
中にはもちろん海外歴0の人もいれば、海外歴8年の帰国子女もいました。しかもその帰国子女はTOEFLでほぼ満点を持っている強者です。

「まぁ、そりゃTEAPなんてTOEFL満点の帰国子女にとっては楽勝だっただろうな」(筆者)

…しかし、驚くべき事実が。
なんと、その帰国子女の方のスコアより、海外歴0年の方が上だったのです!

続きを読む

TEAPのスピーキングで高得点をとるための2つのコツとは?

605e431a9053376e85d8c5227c099f2c_s

昨年12月のTEAP試験を受けたところ、スピーキングの難しさには驚きました。
いきなり高校生に英語で「あなたの意見は?」と聞かれ、しかも短い時間(10分)でたくさんの質問を次々と答える。リーディング・リスニング・ライティングに比べ、相当ハードな印象でした。

一体、このスピーキング部分に対し、どのような準備をしておくべきでしょうか?

続きを読む

Reading対策に自分の好きなストーリーブックを使ってみよう 

IMG_9354

本日はTEAPのReadingのスコアアップのために使える、
日々音読できるCD付のストーリーブックの紹介をします。

いわずもがな英国を代表する作家、チャールズ・ディケンズの「Great Expectations」。
僕自身がディケンズのGreat Expectaionsに出会ったのはPip役のイーサン・ホークとEstella役のグウィネス・パルトロウ主演の映画でした。(邦題:大いなる遺産)

続きを読む

TEAP読解問題スコアアップのための日々の勉強法 

TEAP_reading

今回はTEAPのリーディングセクションで、スコアをアップするための日々の勉強法をお伝えします。
昨年12月にTEAPの試験を上智福岡高等学校で受けて来ましたので、その経験を踏まえての内容です。

【リーディングセクションの構成】(以下、TEAP実践問題集から抜粋)
Part1(20問)  語彙・語法
Part2A(5問)   図表の読み取り
Part2B(5問)      掲示・Eメールなどの読み取り
Part2C(10問)  短い英文の読み取り
Part3A(8問)      長い英文の読み取り
Part3B(12問)  長い英文の読み取り(図表も含む)
計60問(所要時間70分)

続きを読む

2017年から上智大学は全学部・全学科を4技能化へ(TEAP 利用型)

上智大学2017年入試4技能表1
上智大学2017年入試4技能表2

2017年から上智大はTEAP利用型の英語がすべて四技能化へ

年3回実施されるTEAP試験のいずれかで、学科が設定している基準スコアを満たしていれば出願ができます。スコアが満たされている場合、入試当日には英語の試験は行わず、志願者は学科の指定する選択科目のみ受験をすることになります。TEAPのスコアそのものは合否に影響せず、選択科目および調査書等の書類により合否判定がされるようになります。

続きを読む

TEAP攻略はリーディングで85点以上取得がカギ!そのためにすべきこととは?

T_Reading

リーディングセクションの全体像を知っておくことが重要

TEAPの傾向と対策を実際に「TEAP実践問題集」のリーディングセクションを解いて考えてみました。
まずは、TEAPの試験を山登りに例えてみます。
山登りをするのに地図、方位磁針、リュック、トレッキングシューズ、ウェア、レインウェア、着替え、手ぬぐい、グローブ、食料、水などを準備するように、まずは試験というお山の全体像にあたる問題構成を把握してから臨むことが大切です。
まずはTEAPの構成を見てみましょう。

続きを読む

入試が変われば日本人の英語が変わるは本当か?

nyushi

2015年に示された英語教育改革の方向性とは?

英語教育界に流行語大賞なるものがあったら、2015年の大賞は「4技能」であったでしょう。

文部科学省が、2020年から、センター試験に変わる新しい受験制度において、今までの「リーディング」「リスニング」に加えて、「スピーキング」「ライティング」を加えた4技能試験を導入することを決め、一躍注目をあびるようになった言葉です。2020年を待たずに、スーパーグローバル大学の中では、立教大学や上智大学などを筆頭に、4技能型の選抜が始まろうとしています。

four_skills_01

4技能型試験の、いち早く始めた先駆者であり、難易度的にも頂点にある試験が「TOEFL iBT」です。元々TOEFLは、リーディングとリスニングだけの試験でしたが、2005年に現在の「iBT」と言われるインターネットを使った試験に移行した際に、アウトプット2技能を加えた4技能型試験に移行しました。「リーディング」と「リスニング」のインプット2技能だけを問うていた時代には、キャンパスに英語を使えない留学生が増えてしまい、その問題を解決するために、TOEFLは「ライティング」「スピーキング」を導入したという経緯があります。

続きを読む

TEAP受験者、前年比30%増の13,000人に。採用大学も増加へ!

teap_visual001

今年の7月、9月に続き、年3回行われるTEAPも12月13日(日)で今年最後になります。
TEAP受験者は前年と比較して約3,000人増え、約13,000人になったというニュースが出ており、
TEAPがはじまってから2年目とはいえ、認知度があがってきているといえます。

ちなみに2015年度と2016年度のTEAP採用大学は以下となります。(関東と九州での比較)

◯2015年度
関東:上智大学・立教大学
九州:立命館アジア太平洋大学
計4校

◯2016年度
関東:上智大学・立教大学・中央大学・青山学院大学・学習院大学・東京理科大学等10校
九州:立命館アジア太平洋大学・西南学院大学
計12校

2017年度には早稲田大学と筑波大学もTEAP採用に踏み切っていますので、
受験者数はさらに増えてくることが容易に予想されます。

知っているだけで差がつく!大学入試に有利な「TEAPの概要」とは?

大学入試合格のためのTEAP実践問001

 

受験生がTEAPを受ける主な目的

受験を希望している大学が「TEAPを利用した入試」を採用していれば、受験前にTEAP出願基準スコア(大学の基準点数)を取れば英語の試験を受ける必要がなくなります。

大学のTEAPを利用するメリット

  • 「TEAPを利用した入試」を実施することで、大学生に必要な英語力を測ることができる。
  • 一般入試、公募推薦、学校推薦、AO入試、帰国入試など、種々の受験生の英語力を同一尺度で比較できる。
  • 入試時のTEAPスコアにより英語クラスの習熟度別編成ができ、学生が定期的にTEAPを受け続けることで、学習の効果測定が行える。

続きを読む

「センター試験」と「英検・TEAP」に高い相関性

センター試験2

英検協会は10月7日に、「センター試験」と「英検およびTEAP」の各試験における相関性の高さが定量的に証明されたと発表しました。

英検とTEAPを活用することが、センター試験を含む志望大学への入試準備にも繋がることが明らかになったと言うことです。相関調査の結果としては、0.7を超えると相関性が高いとされる「相関係数」は、下のように相関性の高さが立証されました。

・センター試験と「TEAP」がr=0.798

・センター試験と「英検」がr=0.894

 

この相関係数の調査から、「センター試験平均151点」は「TEAP87点相当」、「英検2級合格相当」とされたわけです。

 

 

この相関性を大学受験に向けて活かすと

続きを読む