英語勉強法

第2回:イェール生が教えてくれた、多様性の理解がライティングから始まる理由とは

rewrites_004
(Harvard vs. Yaleのフットボール戦にて。毎年The Gameは学校行事として大変な盛り上がりをみせています。イェールはここ数年負け続けのようですが、、)

連載第一回目に引き続き、Rewritesの教師として活躍されているMichelle先生にインタビューを行いました。前回の記事ではニューヨークで過ごした幼少期、そして多様性との関わり方についてお話をお伺いしました。第二回目はイェール大学入学後の多様性との関係について、インタビューを行いました。

続きを読む

合格することが目的ではない!英検との上手な付き合い方

68fafbefaa0099d69e97f81bef44c670_s

「英検準2級は受かったのに、何度チャレンジしても2級は受からない…。」

準2級が受かれば、次目指すのは2級。そのようにステップアップしていくことは自然なことで、どんどん上を目指すことは良いことです。

しかし、何度受けても受からない、となってしまうと、その人自身のモチベーションも下がってきてしまい、終いには英語学習が苦痛となり、英語嫌いになってしまうかもしれません。このような状態になると、もともと英語力のために英検を取り始めたはずなのに、本末転倒となってしまいます。

では、この英語学習のどこが問題でしょうか?
それは、英語力強化のために、英検ばかりを目指してしまうことです。

続きを読む

第1回:イェール生が教えてくれた、多様性の理解がライティングから始まる理由とは

rewrites_001
前回インタビューを行ったYupei先生に続き、今回もRewritesで大活躍されているMichelle先生に、「多様性×ライティング」についてお話を伺いました。

Michelle先生は現在イェール大学4年生で、心理学を専攻しています。ニューヨークで幼少期を過ごしたことから、常に ”Diversity” (=多様性)と隣り合わせの生活だったそうです。そんな彼女は、イェールで何を学んだのでしょうか。そして多様化する国際社会において、どうして大学はライティングスキルを重視するのか、3回の記事に分けて発信します。

続きを読む

実はみんな誤解していた!英語を「スラスラ」読むコツ

f064294c52097d0ed9eb6ec844ea5fef_s

「スラスラ読めるようになりたい」

英語の文章を声に出して読んでもらうと、生徒さんからよくこういう言葉を聞きます。
やはり皆さん英語の文章を読む時にかなり時間がかかっており、ついついつまずいてしまうことが気になるようです。

でも、ちょっと待ってください。
「スラスラ読む」とは、どういうことでしょうか?

続きを読む

なぜ「ネイティブ」発音を目指さなくても良いのか

cf6a0bada1b4a4eed5bb55b3b4f5447f_s

ネイティブの英語を聞くのは大事ですが、目指すべき英語は「ネイティブ」英語でしょうか?

先日、このような記事がSNSでシェアされていました。
世界で一番通じない英語とは、ネイティブの発音である、という内容です。そして、その理由は、英語が第一言語ではない人に対し、ネイティブスピーカーは相手の立場を考えずに容赦なく英語を話してしまうから、とのことでした。

一方、英語を学習していると、どうしても「ネイティブみたいにペラペラになりたい!」と思いがちですよね。やっぱりカッコイイし、綺麗な発音の方が相手に理解されやすいし…。しかし、本当に「ネイティブ」発音を目指していくべきなのでしょうか?

続きを読む

単語の読み方で一石多鳥!?長文読解が簡単になる方法

a1504a71fc1c193e851481aef2fcb209_s

英語の試験で必ず出てくる「長文読解」。本当に嫌なやつですよね。
読む分量が多いし、細かいニュアンスもつかみにくい。そして何よりも単語、単語、単語!単語が多すぎる。読んでいる側として、面倒くさい、と感じてしまいますよね。

でも、実はそんなに神経質にならなくてもいいんです。
長文読解って、本当は嫌なやつではないんです。
コツさえつかめば、単語をひたすら暗記しなくても、長文は読めちゃいます!

続きを読む

暗記せずに身につけられる!単語力はあなたの想像力次第

94a13c2d27f512e949bda83f312c7deb_s

来週、英語の授業で単語テストがあります。さて、どうしますか?
英単語をひたすら暗記して、直前まで頭に詰め込んで、テストに臨む。そして翌日にはさっぱり忘れている。学生時代によくある話ですよね。
しかし、せっかく「覚えた」のに、翌日にはさっぱり忘れている…なんて、もったいないと思いませんか?

「暗記」に頼った英単語の勉強には、やはり限界があります。人間の脳には、覚えられるキャパシティがあり、どうしてもキャパシティ以上の量は覚えられません。そして自然と脳の中で優先順位が低い記憶は消されてしまいます。(脳ってよく出来ていますね。)

それでもなんとか英単語を、もっと効果的に、もっと効率よく覚えたい場合、どうすれば良いのでしょうか?

続きを読む

英単語が「使える」ようになる辞書の引き方とは?

661f1df2c6de2a651ac2150b1ad5e57d_s

わからない英単語に出会った時、あなたはどうやってその単語を学びますか?
辞書を引けば、すぐにその単語の意味が出てきますよね。
しかし、意味を調べただけで「知った」気分になっていませんか?

辞書を引けば、意味がわかりますし、その単語を理解した気になるかもしれません。
一方、調べた後のあなたは、実際にその単語を使うことができますか?
おそらく、そう聞かれると戸惑ってしまう方も少なくはないでしょう。

このように、「知らない英単語」を「知っている英単語」にはできますが、「知っている英単語」を「使える英単語」にするには、もうワンステップが必要となるでしょう。
しかし、実は、辞書の引き方次第で、一気に「知らない英単語」から「使える英単語」へとつなげることができるのです。

では、どのような辞書の引き方をすれば、この「使える英語」が得られるのでしょうか?

続きを読む

英語の勉強がおもしろくなる!ワクワクできる教材とは?

869055164e74ac16ab8a7b76a1c9bfbc_s

「学校で使う英語の教科書がつまんない。」
大半の方々は、学生時代にそう思ったことがあるでしょう。
実際、この前来てくれた高校生の子も、「学校の教科書がつまんない。話が全然面白くないもん」と嘆いていました。

面白くない映画を見ても、途中で退屈になってしまいますよね。さらに「あの映画、どうだった?」と聞かれても、「ちょーつまんなかった」と答える。誰でもそうなってしまいます。

英語学習も同じです。教科書に載っている話が「つまらない」と感じると、どれだけ読み直しても全然頭に入ってこない。終いには「つまんない、嫌い」と負の感情を覚えてしまいます。

つまらないものは、続かない。
でも、「つまらない」のは英語ではなく、使っているテキストなのです。
では、その「つまらない」を「おもしろい」に変えるには、どんな学習方法が良いのでしょう?

続きを読む

留学中に英語力を伸ばすために実践しておくべき3つのこと

384182e2a156d34a26a54a13a1d1460e_s

以前、留学しなくても英語力を高める方法をお伝えしました。
日本にいながらも、英語力は十分身につけられます。

しかし、やっぱり留学はできたら是非してほしいと思います。
筆者も大学時代に留学を経験し、たくさんのことを得ました。英語力だけではなく、物事の考え方、さらに世界各国からの人との出会い… 忘れられない経験となりました。

ただし、単に「留学行けば良い」という容易な話ではありません。
留学での過ごし方次第で、その効果には大きく差が出ます。

続きを読む

留学せずとも大丈夫!?日本で英語力を高める方法

499e0bbfeb7e77fbe9ef2c475ade0237_s

「日本に住みながら英語を習得するなんて・・・」
英語を学習している途中、このように思ったことはありませんか?

日本にいると、英語に触れる機会は他国に比べて少なく、どうしても英語は「慣れない言語」のままとなってしまいますね。そして結局発音も「日本人英語」のまま、苦手意識だけが募り、英語が嫌になってしまう。そして終いには、「やっぱり海外に住んでいないと英語力が伸びないんだ」と思ってしまう…。

もちろん、海外に行き、現地で刺激を受け、英語力を高めるのも一つの効果的な方法です。ただし、必ずしも「海外に行くこと」が英語力を強化するために必須、というわけではありません。

日本にいながらも、英語力を高めるためにできることは十分あります。

続きを読む

学校では教わらない、本当に習得すべき英語力とは?

59928c56fc9b7bde75382e9b2557e635_s

前回の記事では、日本の英語教育の強い点をご紹介しました。
では、今の日本の英語教育には何が足りないのでしょうか。
それは、アウトプットすることをためらわず、そして正しく使う英語力を学ぶ機会です。

まず、なぜ我々は英語のアウトプットにためらってしまうのでしょうか?
もしかすると、英語を話すことに「ためらう」以前の問題として、英語が「すぐ出てこない」からかもしれません。

それは一体なぜでしょうか?

続きを読む

「英語ペラペラ」ではダメ?意外と高評価な日本人の英語とは

c1c97a0fc42f41af7d32e832e0e63167_s

「英語が上手な人」と聞くと、どのような人を思い浮かびますか?
ネイティブ並の発音で、英語を流暢に話す人のイメージでしょうか?

もちろん、発音が素晴らしく、英語ペラペラな人は輝かしく映るかもしれません。
このような人になることが、英語を勉強している人が抱く夢だと思います。

しかし、一度自分に問い直してみてください。
それは本当に「英語が上手な人」のイメージなのでしょうか?

続きを読む

“Write Like A Madman!” 二宮さんがイェールに来て実感しているライティングの壁とは

12132395_766467476813007_5151124610084046513_o(写真:左から3番目が二宮さん)

二宮さんの海外歴と学校歴

※二宮さんの過去の記事はこちら

0歳〜11歳 日本 茨城県つくば市
11歳〜18際 Hawaii Preparatory School Academy 
(ハワイのボーディングスクール)
18歳〜現在 日本 早稲田大学国際教養学部に進学
2015年9月〜2016年6月 Yale大学に留学

 

はじめに

イェール大学はアメリカのコネチカット州にある私立大学で、アメリカ東部の名門大学群アイビーリーグの一つです。ハーバード大学やプリンストン大学に並び、アメリカだけでなく世界的にも評価が非常に高い大学である。

二宮先生とは2年ほど前にキャタルで知り合い、とても明るくて礼儀正しい人という印象を持った。そんな彼女が今年の夏にあのイェール大学に留学すると聞いて、「さすがだな」という言葉しか出てきませんでした。他の教師と同様に二宮先生は高い英語力を持っているがずっと海外にいたわけではない。中学生になってハワイのボーディングスクールに入学した当時は、全く英語を話せなかったという。それでも彼女は周囲の人との会話に積極的に加わり英語力をどんどん伸ばしていった。

続きを読む

イェール大学に進学した、Yupeiさん実践のライティングメソッドとは?

yupei(写真:イェール大学にて。ライティング学習サービス「Rewrites」の添削を担当しているYupeiさん)

Yupeiさんの人生のタイムライン

生まれてから小学校卒業まで中国で育つ
中学3年間をイギリスで過ごす
高校は中国に戻る
大学はアメリカ・イェール大学へ進学
在学中にフランス語を勉強、1年間のパリ留学、大学3年目の現在は日本語の勉強に励み、4年目の秋から休学して京都大学に留学を検討中
ライティング学習サービス「Rewrites」の添削講師を務める

 

英語が嫌いだった小学生時代

小学生の頃、英語は苦手な科目でした!マーケットのグローバル化、そして北京オリンピックの開催決定も影響し、その頃から中国政府は国を揚げて英語教育に力を入れ始めました。しかし学校では淡々と英単語や文法の法則を記憶するばかりで、勉強がつまらなく感じました。中国語と英語では発音も全く違うのに授業中はアウトプットできる場が限られている為、新たな言語を学ぶ事に対して苦手意識が生まれました。
小学校卒業後はジャーナリストの親に連れられ、ロンドンに引っ越しました。友達と離れる事も嫌なのに、英語もうまく話せなくて最初はつらい思いばかりでした。転校先では、中国人は私一人でした。

続きを読む

TEAPのスピーキングで高得点をとるための2つのコツとは?

605e431a9053376e85d8c5227c099f2c_s

昨年12月のTEAP試験を受けたところ、スピーキングの難しさには驚きました。
いきなり高校生に英語で「あなたの意見は?」と聞かれ、しかも短い時間(10分)でたくさんの質問を次々と答える。リーディング・リスニング・ライティングに比べ、相当ハードな印象でした。

一体、このスピーキング部分に対し、どのような準備をしておくべきでしょうか?

続きを読む

Reading対策に自分の好きなストーリーブックを使ってみよう 

IMG_9354

本日はTEAPのReadingのスコアアップのために使える、
日々音読できるCD付のストーリーブックの紹介をします。

いわずもがな英国を代表する作家、チャールズ・ディケンズの「Great Expectations」。
僕自身がディケンズのGreat Expectaionsに出会ったのはPip役のイーサン・ホークとEstella役のグウィネス・パルトロウ主演の映画でした。(邦題:大いなる遺産)

続きを読む