英語勉強法

小学校4年間の留学だけでもバイリンガルになれる。大学入試のためだけではない英語教育で、東大にも合格 井上さん

井上さんの海外歴と学校歴

小学3年生~小学6年生 オーストラリア ケアンズ St. Joseph’s Primary School
中学1年生~高校3年生 渋谷教育学園中学高等学校
大学1年生~大学2年生 東京大学文科三類
大学3年生~大学4年生 東京大学教養学部教養学科総合社会科学文化国際関係論コース

英語の所持資格

英検1級     TOEIC 990点満点     TOEFL 114点

続きを読む

TEAPスピーキング試験の考察

TEAPスピーキング試験の考察をします。
下記の内容は他のスタッフがTEAPの試験を受けた時のものです。

Part 1
1 Do you want to work in a company?
2 Did you take any trips this year?

Part 2: Imagine that I am a librarian.   Ask these questions.
1 Why do I do this job
2 How long
3 What do I do as a librarian

Part 3: within 1 minute
Should there be an equal number of women and men in companies?

Part 4
1 What do you think about the low voting rate?
2 Do you think schools should focus more on practical rather than academic learning?

特にPart3やPart4は普段から意見を持っている人とそうでない人はスコアに大きな開きが出ると思いますし、その意見を英語で答えられるように事前に簡単にまとめておくといいでしょう。具体的な対策の1つとしては設問を想定して自分なりの「スキット」を作っておくことです。

Part1の2番目の”Did you take any trips this year?”というお題なら
(返答例)
パターン①受験者:「はい、旅行しました。うちの家族は毎年夏休みにみんなでハワイに行きます。」
パターン②受験者:「いえ、まだですが、来月友人に会いに京都に行く予定があります。」

Part4の2番目の”Do you think schools should focus more on practical rather than academic learning?”というお題なら
(返答例)
受験者:「はい、そう思います。個人的には2つの理由があると思います。1つ目は行動を伴ったプラクティカルな学習の方が記憶の定着にいいと思います。2つ目はプラクティカルな学習の方が楽しいので学習の効果が高いと思うからです。」

等々

こういった返答例を自分で考えてネイティブの方に添削してもらい、その内容を何度もリピートして自分のものにしておく、ということがスピーキング対策として有効です。スピーキングはしっかり対策すればハイスコアを狙えますので、スキット作りも含めてできることから着実に準備を進めていきましょう。

~世界で愛される名曲!誰もが一度は聴いたことのある歌を歌おう~ “Let it be”(レット・イット・ビー)

今回ご紹介する曲は、あの世界的に有名なイギリスのロックバンド The Beatles(ビートルズ)が歌う一曲である、
“Let it be”(レット・イット・ビー)です。

“Let it be” というフレーズを耳にしたことのある方はたくさんいるかと思いますが、このフレーズは、「あるがままに」という意味です。
人生において、人は辛いことがあると、もがいてしまったり、物事に対して抵抗したくなってしまったりすることがあるかと思います。しかし、たとえそのような状況であったとしても、時には「あるがままに」いるということが大切である場合があります。
続きを読む

楽しめることが続ける鍵!自ら考えた勉強法を週2回4年間継続し、慶應ニューヨーク学院に合格!

写真:慶應義塾ニューヨーク学院HPより

今回ご紹介するのは、慶應義塾ニューヨーク学院に合格した中学3年生のK.Fさんです
Kさんは楽しく続けられる勉強法を自分で考え、英語を伸ばしてきました。英語が元々好きだった彼女は、勉強が辛いと感じた時には、“ある方法”で勉強する気持ちを保っていました。
続きを読む

英語も音楽も努力が成長につながる キャタル教師 石場大地 (後編)

引き続き石場先生との対談をお送りします。

前回は石場先生の音楽活動についてお伺いしました。
音楽でも英語でも、日々の努力と自学自習を重ねることで目標達成をして、夢を追いかけることができ、いつのまにか音楽や英語が人生の一部になり、ライフスタイルになるとのことでした。

後編では、キャタルで教師として活躍されている石場先生の経験についてお聞きしました。

教師として、コーチとして、どうやって生徒に接しているか。生徒からのリスペクトを得るにはどのような指導が大切か。
英語を好きになるためのアドバイスもいただきました!

ぜひ対談をお聴きください。

 
英語も音楽も努力が成長につながる キャタル教師 石場大地 (前編)はこちらから聴けます。

【英語学習に役立つ本の紹介】 ~美しい英語で綴られた「教育は世界を変える」というメッセージ~ I Am Malala(アイ・アム・マララ)

今回は、2014年にノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんの実話が記された本をご紹介します。

I Am Malala(アイ・アム・マララ)
著者:Malala Yousafzai(マララ・ユスフザイ)氏

“One child, one teacher, one pen, and one book can change the world.”
続きを読む

~英英辞書を活用!誰もが知っている夢のストーリーで、ワンステップ上の学習へ~ Peter Pan(ピーターパン)

今回ご紹介する本は、ディズニー映画としても有名な、皆さんご存知のお話です。

Peter Pan(ピーターパン)
著者:James Matthew Barrie(ジェームス・マシュー・バリー)氏

ロンドンに住む3人兄弟が、不思議な男の子ピーターパンと出会い、子どもが一生子どものままでいられるというネバーランドで冒険をする物語です。誰もが一度は抱くような、子どもの頃に描く夢で溢れたファンタジーとなっています。
キャタルではこちらの本を教材として使用しており、レベルは英検4級程度です。
続きを読む

【英語学習に役立つ本紹介】 ~女性にとって幸せな生き方とは?人生のテーマを見つめ直す一冊~ GIFT from the SEA(ギフト・フロム・ザ・シー)

今回は、「女性の人生」について考えるきっかけを与えてくれる本をご紹介します。こちらは英語学習レベルが中級~上級者向けとなっていますが、様々なテーマにおいて共感しやすい内容がたくさん含まれているので、読みやすく感じることができるかと思います。
また、日本語訳バージョンの本も販売されているので、原作と読み比べながら英語のフレーズの理解を深めるという学習方法もオススメです。
続きを読む

【英語学習に役立つ本の紹介】 ~シリーズで大人気!読むだけで心が温まる、かわいい友情の物語~ Frog and Toad are friends(ふたりはともだち)

今回は、キャタルのレッスンで教材として使用されている本であり、且つキャタル社長である三石が一番お気に入りであるというシリーズの一冊をご紹介します。

Frog and Toad are friends(ふたりはともだち)
著者:Arnold Lobel(アーノルド・ローベル)氏
続きを読む

【親子必見!2020年大学入試改革「英語の問題」完全予想】特集に、英語教育の専門家として代表三石が掲載されました。

2020年から始まる、大学入学共通テスト。
つい先日も、共通テストの英語で活用される民間資格に8つのテストが選ばれたというニュースが報じられました!

雑誌PRESIDENT(たった1日、たった3語で話せる 最新!「英語」の学び方)の
【親子必見!2020年大学入試改革 「英語の問題」完全予想】
という特集に、キャタル代表の三石が、英語教育の専門家として掲載されています。

英語学習に役立つ情報満載のこちらの雑誌、ぜひ、お手に取ってご覧ください!

ちゃんと答えられますか?大学入試改革、英語の中身と対策

明けましておめでとうございます!

 

2018年になり、入試が大きく変わる2020年度が目前となりました。

中学3年生以下の子どもを持つ親であれば大学入試改革という言葉を
耳にしたことがあるのではないでしょうか?

しかし、具体的にどう変わり、どんな対策をしたらいいかよくわからない・・と不安に感じたことがあるかもしれません。

 

そこで、
池袋・吉祥寺1月と2月に開催する無料セミナーをご案内します。

 

このセミナーでは
保護者が入試の変更点と対策を理解することで、
大切なお子さんの進路を有利に導けるようになればいいなという思いで
英語塾キャタルが企画し、開催してきました。

どのような対策をすればいいのか、
親が理解していないことには、我が子を導くことはできません。

2002年から英語4技能を身につけられるカリキュラムでやってきた

4技能型英語塾のキャタルだからこそ、お伝えできることがあります。

 

無料セミナーのお申込みはこちらから

新しい大学入試には4技能!2020年度からの入試に備える

文部科学省は16日、2020年度から新しくなる大学入試の実施方針案と問題例を発表しました。
英語では民間検定試験を活用し、「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能が評価対象となることが発表に盛り込まれていました。

しかし、従来の英語教育は「読む」「聞く」が主に問われ、中学高校の英語教育もこの2技能を中心としている。ここからいきなり4技能へと教育を変えるのも無茶な話に聞こえますよね。

2020年の大学入試改革を経験する子どもたちに、どのような準備をさせれば良いのでしょうか?

続きを読む

楽しみが学びに繋がる!読書効果を高めるLexile 指数


先日、文科省は小中学校の新学習指導要領案を公表しました。
「外国語活動を小学3年生から開始する」、「小学5・6年生から英語を教科化し4技能を学ぶ」など英語教育の低年齢化に伴い、早期に英語を学び始めた子が有利になる時代に変わってきています。

しかしながら、いざ英語を始めようと思うと何から始めたらいいのかがわからないという声をよく耳にします。中学生の頃から文法偏重の英語を学んできた親御さん世代にとって、子どもの英語教育は悩みのタネです。

「英語を好きになってもらいたい」
「勉強を楽しんでもらいたい」

そのためには何から始めれば良いのでしょうか。
それはずばり、「読書」です。

 

読書を通じて「楽しい」と思える感情も育む

英語圏の子どもたちは小さい頃によく読書をします。”ベッドタイム・ストーリー”という言葉もあるように、寝る前にお父さんやお母さんが子どもに物語を読み聞かせする習慣があります。日本に住む私たちにも、きっと、子どもの頃に読み聞かせをしてもらって、話を聞くのが楽しくて、ついつい夜更かしして親を困らせた、なんて経験がある方もいらっしゃると思います。
そのような「楽しい」経験こそがとても大切で、それから子どもは自分から本を手にするようになり、読書体験を積むようになるのだと思います。

「楽しい」という感情が読書体験を促進する手助けをする一方で、読書をするという取り組みを効果的な英語学習へ繋げるためには、読書をどのように行うかを知っておくことが大切です。
読書をする上で大切なのは、聴覚や視覚を同時に使い、声に出して読むことです。
文字だけを目で追っていては音が理解できるようになりませんし、反対に、音だけを聞いていても綴り(スペル)がわかるようになりません。
つまり、本を選ぶときは音声付きの本を選び、それを聞かせながら本を読ませるようにしましょう。
ネイティブの音声を聞くことで英語の音を理解し、目で文章を追うことで綴りと音が繋がり、声に出して本を読むことで正しい発音ができるようになる、いわば五感をひとつでも多く刺激した方が、学習に効果的な読書ができるようになります。

 

Lexile指数でレベルにあった本選びをしよう

子どもに読書をさせたいけど、どんな本を選んだらよいかわからないという声も耳にします。たしかに専門家でないと子どものレベルにあった本を選ぶことは非常に難しいです。しかし、英語力にあった本を選んであげることが学習効果を高めますし、楽しく読むことにも繋がります。

ご家庭では何を基準に本を選んだら良いか、その客観的な指標となるのが「Lexile(レクサイル)指数」です。
Lexile指数は、「読解力」や「文章の難易度」を測る指標として、世界165か国以上で活用されています。特にアメリカでは、小学3年生〜高校3年生の約半数が、英語能力テストの結果とともにLexile指数の判定を受けています。レクサイル指数は、10刻みの数値+「L」で表記され、個人のLexile指数を基準に-100L〜+50Lまでの範囲が読書に適した指数になります。
つまり、Lexile指数を知ることで正しい本選びができ、楽しく、効果的な読書ができるのです。

ではその指数に適した本はどこで探すことができ、どこで購入できるのでしょうか。
実はAmazonには、Lexile指数ごと分類された洋書検索の仕組みがあり、そこから子どものレベルにあった本を購入できるようになっています。
参照:Amazon 英語 難易度別リーディングガイド

 

自分のLexile指数はこれで知ることができる

「うちの子にはこのレベルの本を選べばよかったのね!AmazonでLexile指数ごとに本も検索できるし、購入もできるから自宅でも読書ができそうね!」そんな声が聞こえてきそうです。
では、その「Lexile指数」はどのように知ることができるのでしょうか?

TOEFL PrimaryやTOEFL Junior、TOEICを受験したことのある方なら一度は見かけたことがあるはずです。スコアシートにLexile指数は書いてありますのでその指数を参考にすればよいのです。

では、TOEFLやTOEICを受験していないと指数はわからないのでしょうか?
いいえ、精度は受験をされた方と比較すれば劣りますが、お子様が未受験者であっても、サンプルテキストを利用してLexile指数を確認することもできます。
参照:未受験者:Lexile指数別サンプルテキスト

参考までに下記はアメリカの学年別スコアになります。

【小学生】
1年生 (-300L)
2年生 (140L-500L)
3年生 (330L-700L)
4年生 (445L-810L)
5年生 (565L-910L)
6年生 (665L-1000L)
【中学生】
7年生 (735L-1065L)
8年生 (805L-1100L)
9年生 (855L-1165L)
【高校生】
10年生 (905L-1195L)
11・12年生 (940L-1210L)

Lexile指数を上手く活用することで、ご家庭でもその子にあったレベルで読書をすることはできます。読書の習慣が身につくと自然と子どもは本を手にとるようになりますし、先を読みたいという好奇心から知らない単語も辞書で調べるようになります。お子様は本を楽しんでいるだけなのに、自然と英語力が身についていき、知識や教養も高まっていくでしょう。
皆さんも「読書」という最良の英語学習をはじめてみてはいかがでしょうか。

子どもが英語嫌いになる!?新学習指導要領案で注意すべき点とは

2020年度から日本の英語教育は大きく変わります。
先日2月14日に、文部科学省は小中学校の新学習指導要領案を公表しました。その内容は以下の通りです。

・小学3年生から英語に親しむ活動を開始する
・小学5、6年生からは正式教科になり、三人称や過去形などの文法を学習する
・小3から6年の計4年間で英単語600〜700語を習得する

「小3から英語!?」と驚かれている方もいると思います。確実に英語教育は早まっており、早くから英語の勉強に取り組んだお子様の方が有利になる時代となってきたようです。

しかし、さらに懸念すべき点が一点あります。
それは、英語が正式教科となる小5から、早速文法をメインとした学習が進められることです。

続きを読む

IB経験者が語る!国際バカロレアで身についた3つのスキル

これまでの記事にて国際バカロレア(IB)そしてそのディプロマプログラム(DP)についてご説明しました。
では、実際に国際バカロレアの教育を受ける生徒はどのように成長するのでしょうか?

実は、筆者は中学〜高校時代に国際バカロレアの教育を英語で受けました。
国際バカロレアの教育によって得たものは多々ありますが、大きく3つのスキルに分けられます。
今回は筆者の実体験から、国際バカロレアの教育で得たことをお伝えしたいと思います!

続きを読む

高校生向けの大学レベル教育、国際バカロレア”DP”とは?

fatigued-1822678_1280

前回の記事でご紹介した「国際バカロレア(IB)」。
今、IB教育が日本の教育現場では大変注目を浴びています。

IB教育とは英語で行われる国際基準の教育プログラムで、もともと日本国内では主にインターナショナルスクールで導入されていました。前回の記事では、なぜこのIBの教育プログラムが注目されてきているのかをご説明しました。

IB教育のうち、とくに「ディプロマプログラム」が着目されています。
この「ディプロマプログラム」とは一体どのようなものなのでしょうか?
そして、日本での教育とはどのように異なるのでしょうか?
今回はIBのディプロマプログラムについて解説していきます!

続きを読む