インタビュー

ノーベル賞受賞利根川進教授に直接聞いてみた!    第3回 日本とアメリカの教育の違い。そして脳科学が行き着く先とは。

利根川教授は、1987年にノーベル賞を受賞するが、その前にスイスから再びアメリカに移り、現在でもMITで研究を続けている。ご家族もボストンで暮らしており、お子さんたちはアメリカで育っている。最終回は、日本とアメリカの教育の違いや、バイリンガル教育の是非、そして脳科学の行き着く先と教育の在り方などについて直接聞いてみた。


-最近日本では英語教育が加熱ぎみで、特に小さい頃からバイリンガルに育てようと、小学校に上る前からインターナショナルスクールなどに入れて、英語で子育てをしようとする両親が日本人のご家庭などもあります。利根川教授が、ボストンでお子さんを育てた経験からバイリンガル教育についてどのようにお考えでしょうか。

小さい頃から英語を学ばせることには、賛否両論あるわけで、特に母国語がしっかりとできるようになる前に英語を勉強しても、思考の基礎となる母語が出来なければ思考が広がらないという人もいるよね。実際に、バイリンガルの環境で育った子どもの方が、言葉を習得するのが遅くなるというレポートなんかもある。僕も子どもを育てるときに、両親がネイティブでないから、バイリンガルの環境では子供たちに悪影響があるんじゃないかと、相当悩んだ。でも、ある時子どもの行く学校の信頼できる先生と話をしていて、「この子たちがバイリンガルになることができれば、それは子供たちにとって大きなAsset(財産)になりますよ」と言われて、それはそうだろうと元気づけられた。CultureとLanguageは直結しているから、いろんなCultureの視点から物事を見れるようになったほうがいいというわけ。

tonegawa_15
ノーベル賞授賞式で賞状とメダルをスウェーデンのグスタフ国王から受け取っているところ。

続きを読む

ノーベル賞受賞利根川進教授に直接聞いてみた!    第2回 成功する人と遺伝子の関係。なぜ人は教育をするのか。

利根川教授の経歴を見ると実は意外な一面があることを知る。名門日比谷高校を卒業してから、京都大学に入学されているのだが、実はその間に1年浪人をしているのである。後にノーベル賞を受賞するような頭脳なら、大学入試は軽々と超えそうだと思ってしまうが、そうではなかったようだ。今回は、利根川教授の考える、科学者として成功するタイプの人間の特徴はなにか。またそれは後天的に得られるものなのか、遺伝子で決まっているものなのかを、ノーベル賞受賞者の利根川進教授に直接聞いてみた。


-教授のように偉業を成し遂げられる科学者は一握りだと思います。ビジネスやスポーツなどでも同じだと思うのですが、大きな発見をして成功する科学者と、そうでない科学者はどのような違いあるのでしょうか。

Scienceっていうのは、実験の大部分はうまくいかない。あるとき閃いた仮説を長い時間かけて実験をして証明するわけだけど、1年かけて実験しても、面白い話にならないようなことがある。むしろそれが普通。失敗に失敗を重ねて、ずーとああでもないこうでもないと同じことを考えている。成功している人っていうのは、ちょっとCrazyなくらいにOptimisticだね。どんなに失敗しても一晩寝たらまたけろっとして、研究を続けているような人。こっちから見ると「お前そんなに大変なのに、よく頑張っていられるな」というようなぐらいの人だよ、大体。

Persistent(執着心がある)って言ったらいいか、1つのことに強く執着してやっている。例えばニュートンなんかも、もともと天才かもしれないけど、大変な努力もしている。大切なことは、本人は努力をしていると思っていないというところ。好きなことをしているからスイスイとやっていて、努力していないように見えるけれども、本当は大変な努力をしている。

tonegawa_04
コールド・スプリング・ハーバー研究所のジェームズ・ワトソン(James Dewey Watson)所長と

続きを読む

ノーベル賞受賞利根川進教授に直接聞いてみた!    第1回 英語の話、留学の話。MITピカワ研究所所長が実践している英語学習法とは。

利根川進教授と三石郷史
(右:利根川進教授、左:インタビューアー三石郷史)

まっすぐな方である。自分も人も騙すことがない口調や視線は、真実を追い求めるサイエンティストの性分だと言えるかもしれない。きっと、この性格であったからこそ、科学者として成功されたのだろう。

利根川進マサチューセッツ工科大学教授。抗体遺伝子において遺伝子の組み換えが起こることを発見し、無数にある病原に対抗する抗体の多様性が、どのようにして生み出されるかを解明して、1987年にノーベル医学生理学賞を単独受賞する。

利根川教授が、ノーベル賞に至るまでの道筋は、立花隆氏との共著『精神と物質』や日経新聞に掲載された「私の履歴書」で読み知ることができる。京都大学を卒業後、カリフォルニア大学サンディエゴ校にて博士号を修得する。その後ビザの問題でアメリカで研究活動を続けることが難しくなり、職を日本かカナダかに求めていたところ、スイスのバーゼル免疫研究所から声がかかり、スイスに研究の場所を移すことになる。結果的にここでの研究が後のノーベル賞につながるのだが、実は利根川教授の博士号は分子生物学で、受賞の対象となった研究の免疫学は、スイスに移ってしばらくするまでは専門外であった。それでもスイスに移り、免疫の研究を始めるという大きな冒険が、大きな成果をもたらすことになった。

利根川教授の生きてこられた軌跡は、冒険心に満ちて人生を切り開いていこうと考えている若い世代には、大きな励みとなるだろう。そして海外にいながらも、母国を憂い、MITという科学の最先端の場所から、我々に檄を送るかのように研究に取り組まれている姿には、勇気をもらう。幸運にも利根川進教授に、彼の研究室があるMIT内のピカワ研究所でインタビューすることができた。今回から全3回にわたって、利根川教授へのインタビューを掲載したいと思う。利根川教授のインタビューとなると、普段は科学のことが中心だが、今回はキャタルのために、いつもは聞けない英語の勉強法や、脳と教育の関係などについて貴重な話を聞くことができた。

続きを読む

テストでは測れない天才の作り方(ピースオブケイク代表加藤貞顕氏)

20150616

英語塾キャタル代表の三石郷史によるラジオ番組
《In The Dreaming Class》

今回のテーマは、
「テストでは測れない天才の作り方」

と題して、株式会社ピースオブケイク代表の加藤貞顕さんに話をお聞きしました。
糸井重里、川上量生、堀江貴文など時代を引っ張る天才たちと仕事をし続ける加藤さん。周りに集まる天才たちの共通の考え方や、彼らを生み出した時代背景など、加藤さんならではの鋭い視点をリスナーの皆さんにお届けしていきます。

続きを読む

やりたいことを見つける方法(直木賞作家 志茂田景樹氏)

20150602

英語塾キャタル代表の三石郷史によるラジオ番組
《In The Dreaming Class》

今回のゲストは、

直木賞作家の志茂田景樹さんです。
志茂田景樹さんは、童話・絵本執筆も手掛けており、
全国で読み聞かせ活動、不登校の子どもたちの支援、
心療内科を考える会など、社会的活動にも熱心な方です。

続きを読む

なぜAICは世界TOP大学への進学率が高いのか?(AIC桑原克己代表)

20150519

英語塾キャタル代表の三石郷史によるラジオ番組
《In The Dreaming Class》

ハーバード大学、MIT、カリフォルニア工科大学など
世界のトップ校への高い進学実績を誇る、

ニュージーランドの名門進学校「AIC.NZ.LTD」の代表・桑原氏と、
キャタル代表・三石郷史が、海外留学、新しい英語入試の対策について語ります。

続きを読む

21世紀に活躍する人を育てる教育とは?(私立学校研究家 本間勇人氏)

20150512

英語塾キャタル代表の三石郷史によるラジオ番組
《In The Dreaming Class》

今回は「名門中学の作り方―未来志向の学校を選ぶ8つのポイント」の著者で「21世紀型教育を創る会」事務局の、私立学校研究家・本間勇人氏をお迎えし、「21世紀に活躍する人を育てる教育」について伺った。今回の記事では、21世紀型教育とその取り組みを中心にインタビュー内容を紹介する。

続きを読む

21世紀に活躍する理系人材とは?(リバネス・サイエンスブリッジコミュニケーター藤田大悟)

20150505

英語塾キャタル代表の三石郷史によるラジオ番組
《In The Dreaming Class》

今週のゲストは、

「科学技術の発展と地球貢献を実現する」という理念のもと、そこに集まる専門知識や技術・人などつなぎ、組み合わせることによって社会に新たな価値を創出する、研究者集団リバネスの藤田大悟氏です。

東京工業大学大学院にてウイルス構造の研究で修士号を取り、
リバネスにて、科学技術の発展と地球貢献を実現するために、
次世代の社会を担う子供たちと教育者を育成する教育開発事業を手掛けています。

・どうすれば子供が科学に興味を持つのか?
・答えのない中で、答えを発見していく力とは?
・イノベーションを起こす人材に必要な能力とは?

など、最新の理系人材教育の動向をつかむことができます。

リバネス・サイエンスブリッジコミュニケーター藤田大悟氏のブログ

3,000人以上の小中高生の英語が上達! バイリンガルの英語学習法 レポート無料公開[ダウンロードはこちら]

TED出演!世界を舞台に活躍する21歳(社会起業家 牧浦土雅氏)

20150428

英語塾キャタル代表の三石郷史によるラジオ番組
《In The Dreaming Class》

今回は社会起業家の牧浦土雅(まきうら どが)氏をお迎えし、お話を伺った。東京生まれの21歳、中学2年で渡英しボーディングスクール(※1)を卒業。主にルワンダにて食糧の買い手を探す農家と、食糧を求めている都市部の人たちをマッチングさせるプロジェクトを国連機関と共に牽引、10万人規模が従事する事業に成長させた。日本企業の東アフリカ進出のコーディネートや国際教育支援NGO活動などにも携わり、真の国際協力をテーマに活動中。2014年1月、TED(※2)の選ぶ『世界の12人の若者』に選出。英語塾キャタルの卒業生でもある。今回はイギリスの教育制度、現在の事業に生かされた発展途上国での経験を中心にインタビュー内容を紹介する。

■TED

 

英語塾キャタルで学んだことは?

三石:
「留学前の英語学習は役立ったか」
牧浦:
「日常会話が出来て友達作りで役立った。英英辞典の使用や教科書ベースの学習でない洋書と単語カードとを一緒に読むことも役立った」

 

シャイだったのに、なぜ強力なリーダーになれたのか?

三石:
「イングランドでの学校生活は?」
牧浦:
「最初の3年はチェルトナムカレッジというボーディングスクール。ラグビーが好きでそこから友達が増えた。体格がいい方だったので試合でも舐められずに済んだ。そして花形のポジションに抜擢され自信がつき、可能性が開けたのがいい経験だった」
三石:
「留学前はシャイな印象もあったが今は真逆。その変化は留学で培ったのか」
牧浦:
「シャイだと何もできない。最初の授業で『誰から自己紹介するか』という時、僕以外全員手を挙げていて『とんでもない世界に来たな』と。イギリスの教育は試験の点数より間違ってもどんどん発言する人にポイントが付くのでそうせざるを得ない環境で、それがよかった」
三石:
「3年間イングランドの学校で、その後は?」
牧浦:
「友達がウエールズに転校し『イギリスはイングランドだけじゃないのか』と。著名なボーディングスクールがスコットランドにあると知り、違う文化を見たくて転校した。スコットランドは全く違う文化で刺激的だった。訛り(なまり)に違和感があったが、基本の英語は学べていたのですぐ慣れた。イングランドとスコットランドは元々別の国だったので、そもそも文化が違った。英語の発音も、性格も違う」

 

高3年で社会起業家になる

三石:
「今の活動をするようになったきっかけは?」
牧浦:
「高3の時、英語を教えに初めてインドに行った。貧しい人が多いと思っていたが、行ってみると先進国の人達よりも幸せに見えパラドックスを感じ、途上国に興味が出て今の活動につながった」
三石:
「学校のプログラムで、インドで勉強して来いというのは素晴らしい。その後大学へ?」
牧浦:
「その前にギャップイヤー(※3)制度を利用し東アフリカに行った。この制度の狙いは入学前に原体験し、やりたいことを分かった上で専門教育に入ってほしいということ。体験という点ではイギリスの大学院は1年制で、半年は学校で勉強、もう半年はフィールドワークに行く」
三石:
「学習がインプットとアウトプットのセットで初めて成立すると分かっている仕組みだと思う。ギャップイヤーでしたことは?」
牧浦:
「ルワンダの農村の人達に、どこでも教育が受けられるよう授業のDVDを作るというプロジェクトを行った。初年度800人が授業を受けたが最初は驚いていた。授業は国の有名人にやってもらった。授業中に本人が登場するサプライズをやったが、その時の驚きようとモチベーションの上がり方は忘れられない」

 

TEDの選ぶ『世界の12人の若者』に
三石:
「TEDではどういう話を?」
牧浦:
「『シンプルな技術革新が大きなインパクトをもたらす』がテーマ。国際協力では、井戸は作っても、作り方は教えていないといった事が多い。都市部が食糧不足の一方、農家では農作物が余っていたことに着目し、両者を結ぼうと国連と共に事業を始めた。雇用創出のため民間会社を立ち上げ、現地の人に食糧の場所を探してもらっている。例えると魚を与えるだけでなく、つり竿が壊れた時の直し方まで教えるということが事業継続につながっていると感じる」
三石:
「成し遂げて得たものは?」
牧浦:
「教科書で学ぶだけでなく実際行動することで感覚が掴め、具体的な行動につながると感じた」
三石:
「日本の学生は世界に出る人もいるが安定志向が多い。この差はどう思うか?」
牧浦:
「目指すロールモデルが少ないのが問題。そういう人の動機づけが今後の鍵になると思う。近くでいいので海外に行ってほしい。国外から日本を見ることはいい経験になる」
三石:
「移動距離と成長は比例すると思う。一つの座標軸でしか見られなかったのが移動で様々な座標軸で見るよう矯正される。」
牧浦:
「途上国での活動で本当に視点が変わった。日本がどれだけ恵まれているかを感じてほしい。」
三石:
「価値観が多層化した時代の中で生きている若者達が目指したいと思えるロールモデルとなってもらいたい」

 

注釈
※1 TED (Technology Entertainment Design) :カナダのバンクーバーで世界的講演会を主催する非営利団体。学術・エンターテイメント・デザインなど様々な分野の人物がプレゼンテーションを行なう。講演者には実業家やノーベル賞受賞者や元大統領等、非常に著名な人物も多い。
※2 ボーディングスクール:学校で生活しながら勉強する寮制の学校。勉強だけでなく、団体生活を通し自立心やコミュニケーション能力についても学ばせる目的がある
※3 ギャップイヤー:大学入試から入学までの期間をあえて長く設定しその間に勤労に従事したり、外国でのワーキング・ホリデー、語学留学等、大学では得られない経験をすることが推奨されている。入学後の利用することも可能で、制度を利用するか否かも各学生が選択可能。

灘高、ハーバード卒の新キャリア論(楽天執行役員 北川拓也氏)

20150421

英語塾キャタル代表の三石郷史によるラジオ番組
《In The Dreaming Class》

今回のゲストは、
灘高から直接ハーバード大学に進学し、最優等の成績を取得し、
ハーバード大学院卒業後、楽天に入社し、執行役員として活躍されている北川拓也さん。

優秀な学歴と経歴を持つ北川さんの教育とキャリアに対する考え方を
英語塾キャタル代表の三石郷史が切り込みます。

3,000人以上の小中高生の英語が上達! バイリンガルの英語学習法 レポート無料公開[ダウンロードはこちら]

子供教育に何が起こるのか?予測と対応策(私塾界 山田代表)

20150407

英語塾キャタル代表の三石郷史によるラジオ番組
《In The Dreaming Class》

今回のゲストは、私塾界山田代表です。

塾経営者向けの『月刊私塾界』を発行する山田代表と
キャタル代表の三石郷史が、これからの子供教育の未来と対応策を語ります。

過去13回の教育界の有識者の意見を元に、

・英語の4技能を伸ばす学習とは?
・子供の「考える力」を育てるには?
・これからの学校、塾はどうあるべきか?

といった深いテーマを本音で語ります。

3,000人以上の小中高生の英語が上達! バイリンガルの英語学習法 レポート無料公開[ダウンロードはこちら]

2020年に受験英語が変わる!(文部科学大臣政務官 山本ともひろ氏)

20150331

英語塾キャタル代表の三石郷史によるラジオ番組
《In The Dreaming Class》

今回のゲストは、文部科学大臣政務官の山本ともひろ氏です。

受験の方針を決定する文部科学省からお越しいただきました。

・現在の受験英語の課題点とは?
・2020年に受験英語はどのように変わるのか?
・今からどんな勉強をするべきなのか?

日本の教育のトップリーダーが教育改革を語っていただきました。

3,000人以上の小中高生の英語が上達! バイリンガルの英語学習法 レポート無料公開[ダウンロードはこちら]

子どもの将来に強い学校の選び方(三田国際学園 大橋学園長)

20150324

英語塾キャタル代表の三石郷史によるラジオ番組
《In The Dreaming Class》

今回のゲストは、中高一貫の「インターナショナルコース」を作り、英語に強い三田国際学園の大橋学園長です。
三田国際学園は、英語で通常教科も教えるイマージョン教育を導入するなど、今、大きく注目を集めている学校です。
グローバル社会で活躍できる人材を育てることを目的とした三田国際学園の取り組みとは?
これからの時代を見据えた教育改革に迫ります。

英語塾キャタル代表の三石郷史によるラジオ番組《In The Dreaming Class》、今回は三田国際学園 学園長 大橋清貫先生にお話を伺った。

塾経営から学校教育に入ったきっかけ

三石:「まず三田国際学園の紹介をしてください。」
大橋:「前身は戸板女子中学校・高等学校という名前だったのですが、この4月から校名を変更し三田国際学園となりました。女子校の教育を長くやってきましたが、創立から数えてちょうど100年になりました。次の100年をさらに活躍する学校にするために世界標準の教育をしようということで再スタートしました。」
三石:「先生は塾の経営をご自身で始められてそれから学校に転身されましたが、塾の経営を始める前は一般企業でサラリーマンだったわけですね。一般企業で働いていた方が教育にどんな問題意識をもっていたのですか。」
大橋:「チャンスとそれにふさわしい環境さえあればどんな子でも伸びるという信念がありましたので、機会があれば塾を作りたいとずっと考えていたのですが、いよいよその時が来たという気持ちが勝って学習塾を開きました。」
三石:「塾を離れて学校教育に向かわれたそのパッションの移り変わりはどこにあったのですか。」
大橋:「中学生や高校生が学校教育でどうしてもっと能力が伸びないのだろうと常々思っていました。学習塾の側からはもっと学校でこうやってくれればこの子たちはもっと伸びるのにと思っていました。自分がもし学校を作ったときにはこういう教育をやってみたい。そうすれば学習塾とコラボしてもっともっと子どもたちは伸びるのにとずっと思っていました。機会があれば学校教育に入ってみたいなというのが目標の一つでした。」
三石:「実際に学校教育をやられてみて塾と学校の共通点が何かありますか。」
大橋:「似ている点は先生になる人は子供たちがみな好きで、子供たちの笑顔が見たいから教壇に立っていることだと思います。学校と塾とが違うところは、塾は民間ですから塾間競争が激しくて月単位でやめてしまうことも可能です。学校は入学したら普通は卒業までずっといますよね。中には結果を出そうと頑張っている先生もいますが、学校では競争原理は入ってきません。」

 

三田国際学園でのアクティブラーニングの授業の実際

三石:「今の三田国際の中では塾の学習法を学校の中に取り入れているのですか。それとも全く違うやり方をしているのですか。」
大橋:「学習塾ではほとんどの先生が生徒の学習意欲を引き出すことに力を入れていました。学校教育は長いこと一方通行的な授業をやってきました。残念ながら大学入試が知識を問う問題が圧倒的に多いので、生徒にたくさんの知識を覚えさせることに力を割いていたのが現実です。」
三石:「三田国際では一方通行ではないやる気を引き出す授業をどのように行っていますか。」
大橋:「いま教育界ではアクティブラーニング(相互通行型授業)という言葉が流行っています。一方通行型の授業では生徒は常に受け身になって教えられたことしかできなくて「習っていないのでできません」という答えが返ってきます。これでは社会に出たときに困ります。企業の第一線で活躍される方が「最近の学生は習ってないことはできないと簡単に言うがそれでは困る」とよく言われます。学校教育では答えのある分野に対してはトレーニングしてものすごく優秀な人間にするのですが、自分で問題を解決しようという教育はほとんどしていないのです。」
三石:「今アクティブラーニングに対して学校教育に取り入れるのは簡単ではなく、国を挙げて取り組む課題だと思うのですが。」
大橋:「学校では研修がないと無理だと思います。いま2年目が終わったところですが、1年間はアクティブラーニングの研修を繰返しやっていました。先生方は実践を通してその効果に驚いています。」
三石:「先生方はどう学んでいるのですか。」
大橋:「先生方は自分からは話さないでむしろ生徒に考える時間をたくさん与えます。考えるきっかけとして、最初の5分ぐらいで先生が「今日の授業はこういうことをみんなで考えよう」とトリガークエスチョンを投げます。あとはグループで自分の考えをお互いに言い合っていく中で思考が研ぎ澄まされていくのです。いままで恥ずかしいとか自分の意見を言うのがいやだとかで発表をしなかった生徒も参加するようになります。」
三石:「評価はどうするのですか。」
大橋:「いままでのように記憶力や計算のスピードや正確さを問う問題はあまり適切でありません。思考力を問う問題として例えば英語のエッセイの途中まで示して続きを作れという問題を出していくのです。もちろん英語の知識は必要ですが、前半の英文をどうやって展開していくかを自分で考える必要があるわけですね。」

 

海外移住の準備として三田国際学園で行っている英語教育

三石:「三田国際に生徒を送り込む家庭はどんな方なのですか。」
大橋:「三田国際を選んでくれるご家庭は、わが子が厳しい社会に出たとき活躍できる人材を育ててくれるかどうかという視点で見てくれています。なかなかそういう学校が中等教育には見られないのです。最近は教育のため海外に移住するというご家庭が増えているのですが、そういうご家庭が私どものような教育をする学校があれば考え直してくれるのではないかと思っています。」
三石:「そういったご家庭の子息は高校卒業後どういった進路を選ばれるのですか。」
大橋:「最近は国内の大学よりもむしろ海外の大学に入られる方が増えてきていますね。」
三石:「その準備期間としてしっかりと英語教育をやってくれるところが必要ですが、三田国際ではどういった英語教育をやっていくつもりですか。」
大橋:「三田国際では英語は本科で8コマ、インターナショナルクラスで10コマです。原則はOEで、ネイティブの先生が授業を行っています。文法の授業も必要なので、週2コマは日本人の先生が行っています。」
三石:「8コマではそれほど多くありませんが、それだけで十分ですか。」
大橋:「他の教科、社会や数学や理科の授業も英語でするということです。インターナショナルクラスでは帰国子女や国内のインターナショナル小学校に通っていた生徒たちを中心にある程度英語で授業はできるのです。そこまでの英語力はないけれど、英語以外の教科も徐々に英語で指導する時間を増やしていくことで英語力がかなり上がっていくと思います。社会の先生は英語の発音があまりうまくないのですが、しかしそれでも自身が授業で使う文献、例えば独立宣言を日本語でなく原文で読むなどしています。」

 

こんな教育を行える環境作りが理想

三石:「大学を卒業して教育ビジネスに入っていこうと考えている次世代の人に対するメッセージをお願いします。」
大橋:「今まで教育学部以外の他の学部の学生が先生にならなかったのですが、これからは違います。先生たちがやりたいと思っていることを教育の現場で実現しやすい時代に入ってきています。教職課程を取られたら学生の間に教育ビジネスのチャンスがありますから、一度体験してみてください。アルバイトなどで体験していただければ教育は面白いなと分かっていただけるのではと思います。」
三石:「もし時間・場所・お金の制限が全くなければ、こんな人に向けてこんな授業をやってみたいという夢の授業を教えてください。」
大橋:「子供たちが自由に考えられる空間を作ってみたいと思います。教室だと机に向かって先生が話すのを聞くことが中心になりがちですが、自由に語り合うのなら何も教室でなくてもソファに横になっても芝生に寝転がってもいいですね。そこで語り合うことの大事さ、そこから学ぶことの大事さ、人の意見を聞くことの大事さ、自分と違う意見を受け容れる子供たちができやすい環境作りをして、できるだけ多くの国の人に来ていただきたいと思っています。」
三石:「ありがとうございました。」

350万部のベストセラー作家セイン氏と娘2人を東大現役合格させた江藤氏

20150317

英語塾キャタル代表の三石郷史によるラジオ番組
《In The Dreaming Class》

今回のゲストは、デイビッド・セイン英語ジム主宰の、江藤真規さんとデイビッド・セインさん。
江藤真規さんは、2人のお子様を現役東大合格させた経験を持ち、子育て支援に関する多数の著書も出されています。
デイビッド・セインさんは、日本で25年以上の英語教育経験があり、累計350万部の著作を刊行してきたベストセラー著者です。
英語教育や子供教育に関するテーマで盛りだくさんの内容になっています!

3,000人以上の小中高生の英語が上達! バイリンガルの英語学習法 レポート無料公開[ダウンロードはこちら]