TOEFL

「今、子供は英検しか取っていないのですが、これからTOEFLやTOEICは必要になってくるでしょうか?」

Fotolia_36043958_Subscription_Monthly_M-599x399
まず、それぞれのテストの概要を確認していきましょう。

TOEICは、比較的、社会人向けのテストで、「Test of English for International Communication」の頭文字をとってTOEICですね。

TOEFLは「Test of English as a Foreign Language」の頭文字をとってTOEFLです。TOEFLは、アメリカや英語圏の大学に入るために、語学力を判断するためのテストです。留学生が受ける共通一次、センター試験にも近いイメージですね。

続きを読む

英語4技能試験は一体どんな試験なの?

learning
大学入試といえばセンター試験を思い浮かべる方も多いと思います。
しかし、そのセンター試験が2020年に廃止され、それに代わる新しい入試形式の導入が「英語教育の在り方に関する有識者会議」で議論 されています。特に英語については、4技能を総合的に評価できる問題の出題(例えば記述式問題など)や民間の資格・検定試験の活用が考えられています。
ここで注目されているのが総合的な英語力を評価するための「4技能試験」です。
今回は4つの「4技能試験」について紹介したいと思います。

続きを読む

アウトプット重視のTOEFL、その学習法とは

in_out_strech_pic

 

どのように学べばよいか

目標が変われば、方法も変わります。今までの学校教育での標準的なゴールはセンター試験でした。 それが東大を始めとする国内大学の国際化が進めば当然、TOEFLのような世界基準のテストで結果を出す方法で学ばなければいけません。アメリカ有名大学に入学が許可されるスコアの目安は、TOEFLで100点以上取得することが求められます。それをゴールとした場合、果たして小中高生はどのように英語を学ぶべきでしょうか。

続きを読む

TOEFLは何点を目標にしたら良いのか?

Harvard banners hang outside Memorial Church on the Harvard
2012年の世界大学ランキング(The Times Higher Education World University Rankings 2012-2013)によると、日本最高峰の大学である東京大学は27位という結果でした。 やはり世界に名を連ねる大学と対等にわたりあうためには英語力が必須となります。今回は、私たちがTOEFLで目標とするべき点数についてお話しします。

続きを読む

受験にも通じる「強い英語力」とは

eigo-bukatsu
『バイリンガルが英語を身につけたような読書を中心とした学習や、英語を英語で学ぶ勉強法は、受験でも通用しますか?』という質問をいただくことがあります。 たしかに、バイリンガルの英語勉強法と、いわゆる「受験英語」には違いがあります。しかし、ほんとうにレベルの高い英語力が求められる大学受験には前述したようなバイリンガルの英語勉強法が役立ちます。
今回は、実際の受験問題を例にとり、「なぜ読書を中心とした学習や、英語を英語で学ぶ勉強法が、受験に効くか?」という話をしたいと思います。

続きを読む