専門家インタビュー

「生きることは何なのかを教えたい」 坪谷ニュウェル郁子氏が提供している世界水準教育

*中央が坪谷ニュウェル郁子氏。1985年にイングリッシュスタジオという塾を設立したのち、幼稚園、小学校、中学校と開校。現在は学校経営の他、国際バカロレアの親善大使、政府の教育再生実行アドバイザーなど多方面で活躍されている

 

どの国に行っても継続できる学習プログラム ― 国際バカロレア教育

坪谷氏が1995年に設立し、現在も理事長を務める東京インターナショナルスクールには、56か国から360名の生徒が通っている(数字は収録当時)。
「生徒の95%が日本に3~4年滞在する駐在員の子どもです。本国の教育の途中でやって来て、また数年後に違う国へ出ていく。彼らのように国を転々とする子どもたちと保護者が求めているのは、世界中どの国に行っても継続できる学習プログラムで、本校は国際バカロレアの認定校となりました」
続きを読む

本を通じて人の心をつなげる 新宿区立大久保図書館館長 米田雅朗さん(前編)

今回のゲストは、新宿区立大久保図書館の米田雅朗館長です。

米田さんが館長を務める新宿区大久保図書館では、地域図書館には珍しく、20ヶ国以上の言語の本を揃えています。
最初は英語・中国語・韓国語の本を主に揃えていた大久保図書館の取り組みを、米田さんが館長に任命されて以来、ネパール語やタイ語を含め、幅広い多国籍の絵本を揃えるようになりました。
続きを読む

体のプロに聞く!現代の子どもたちの健康について 元JOC体操競技 強化スタッフ八田永子先生(後編)

今週はボディ・アドバイザー&トレーナーの八田永子先生との対談の後編をお送りします。

前篇では、現代の子どもたちに良く見られる症状(成長痛、側弯症、全体的な健康状態の低下)についてお話しました。
なぜ、現代の子どもたちの健康は低下しているのか?
どうやったら、生活を改善できるのか?指導者や保護者は、どうやって連携をとれば良いのか?

現代の子どもたちはスマホやPCを生まれながら使っていて、親の世代からずっと椅子の生活が続き、足腰が弱っています。
どうやったら人間本来の強くしなやかな体を取り戻せるのか、じっくりお聞きしました。

後編では、八田先生が長年の指導経験から培ったケアとトレーニング方法のほぐれッチ、ハンモックストレッチ、コアトレ、
そして新しく考案している最中の脳体トレーニングについてお聞きしました。

・脳と体はどうつながっているのか?
・健康な体になるには、どういう方法があるのか?
・どうやって自分の体をセルフケアすれば良いのか?

などお聞きしました!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
体のプロに聞く!現代の子どもたちの健康について 元JOC体操競技 強化スタッフ八田永子先生(前編)はこちらから!!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

時代の変化がもたらす、これからの教育の形(英語塾キャタル三石郷史)

この記事は、2015年6月30日、ラジオ”In the Dreaming Class”の内容です。ラジオ全音声を聞かれたい方は→こちら

これからの時代に対応した教育を行う上で、社会や保護者が子ども達のためにできることとは一体何か?

 

1.社会の変化に伴う、教育の変化

教育は、時代の流れに合わせて変わっていかなければならない

ラジオが始まって以来、これまでに25名のゲストの方々から教育についてお話を伺ってきましたが、皆さんのお話を聞いてどのように感じましたか?
ゲストの方々から様々なお話を聞く中で、教育というものが昔と比べ、非常に変わってきているということを実感しました。そしてその変化は、時代の流れに合わせて起こっているものであり、時代の変化が教育の変化をもたらしているということに気が付きました。
続きを読む

体のプロに聞く!現代の子どもたちの健康について 元JOC体操競技 強化スタッフ八田永子先生(前編)

今回のゲストは体のプロ、studio MOVE 主宰 ボディ・アドバイザー&トレーナーの八田永子先生です。
平成26、27年度JOC日本オリンピック委員会 体操競技 強化スタッフ(医・科学スタッフ)を務められました。

八田先生はご自身が設立した「studio MOVE」でレギュラーレッスンを行う他、年間を通して日本全国で対象の年齢・ジャンル・プロアマを問わず講習会、ワークショップ、セミナーを開催しています。
ケアコンディショニング、柔軟アップ、身体の使い方、コアトレ、バレエ、ダンス、ヨガ、振付などを連動する、非常にユニークでありながらも、体の原理がすぐに理解できるレッスンをご指導していらっしゃいます。

私、笹原が個人的にお世話になっている恩師でもある八田先生は、セルフケアとストレッチによるオリジナルメソッド「ほぐれッチ®」を構築すると共に、3Dストレッチを実現させた「ハンモックストレッチ®」を考案し、身体が開く・コアがつくメソッドを開発していらっしゃいます。
私は幼少期に側弯症と診断されて以来、色々な施術・ケア・トレーニング方法を実践してきましたが、その中でも八田先生のほぐれッチ、ハンモックストレッチとコアトレは、随一で効果的だと感じています。

側弯症や成長痛など、現代の子どもたちに増加の傾向が見られています。

・子ども達の体は弱くなっているのか?
・どうやったら子どもたちの生活を改善できるのか?
・家庭でできることは何かあるのか?

といったことをお聞きしました!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
体のプロに聞く!現代の子どもたちの健康について 元JOC体操競技 強化スタッフ八田永子先生(後編)はこちらから!!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

笹原瑚都がお伝えする、はじめての人にもわかるヨガと教育のつながり

今回のラジオは、笹原がヨガと自己変革、教育についてのつながりにお話します。

皆さん、情熱大陸という番組はご存知ですか?


TBS系列局で放送されているドキュメンタリー番組で、様々な分野で活躍されている人物ひとりひとりに密着取材し、その方達が抱くパッションや、日々の素顔を近距離で捉えています。

2月25日に放送されたエピソードでは、ヨガのインストラクターである更科有哉先生がピックアップされました。
更科先生は本場インドの聖地マイソールで鍛錬を積み、アシュタンガヨガ総本山の道場で、正式指導者として認められた先生です。
この番組では、更科先生が全国を旅して周り、ヨガの教えを広める日々に密着して、インドで修行をする旅にも同行して撮影した貴重な映像が映っています。

この情熱大陸のエピソードへの大反響により、日本におけるヨガブームにさらなる火がついているようです!

in the dreaming classでも、同じタイミングでヨガの先生お二人をピックアップしたということもあり、今回の放送はゲストはお呼びせずに、笹原から皆様に、
「なぜ、今、この時代で、ヨガがブームとなっているのか」
「今から約4000年以上前に発祥したヨガという教えが、なぜ、現代社会に住む我々のためになっているのか」
を、お伝えします。

ヨガはポジティブな自己変革を起こす方法を教えてくれます。
教育と自己変革、全てはちゃんとつながっているので、ぜひともお聞きください!

ヨガの叡智を子どもたちに教える ズッダロータス・ヨガスクール創始者 ウェイロン・ベルディング先生 大坪志保子先生 (後編)

今週は、ズッダロータス・ヨガスクール創始者のウェイロン・ベルディング先生と、大坪志保子先生との対談の後編をお送りいたします。

前回から引き続き、ヨガの哲学や叡智をもとにした子ども向けのスクールとはどのようなことを教えるのか、ヨガ以外にもどのようなことを子ども達に教え、一緒に愉しみ、将来どの様な人たちになってもらいたいのか、お聞きしました。

ウェイロン先生と志保子先生がどのようにヨガに出会ったのか、お二人のストーリーもお聞きすることができました。
色々な道を辿ってきて、お2人が行き着いた共通点がヨガ。奥深いお話なので、どうぞお聞きください。

ヨガの叡智を子どもたちに教える ズッダロータス・ヨガスクール創始者 ウェイロン・ベルディング先生 大坪志保子先生

今週のゲストは、ズッダロータス・ヨガスクール創始者のウェイロン・ベルディング先生と大坪志保子先生です。

ウェイロン先生は、カナダ出身のヨギーです。
パートナーであり、同じくヨギーである、志保子先生と、娘のパドマちゃんと一緒に
独自に開発したヨガの流派、ズッダヨガを世界中で教えていらっしゃいます。

この度は志保子先生の故郷、福岡県大牟田市で、記念すべき日本国内初のズッダヨガのインストラクター養成講座を終了されました。
お2人は世界中を旅して回り、ズッダヨガの教えを広めていらっしゃいますが、娘さんのパドマちゃんが生まれて以来、
ヨガの教えを基にした、子ども向けのフリースクールを立ち上げる夢に向けて準備を進めています。

ヨガの教えを基にした学校ではどのようなことを子どもたちに教えられるのか、詳しく対談でお聞きしました。

他にも、

・なぜ、子どもたちにとってヨガの教えは有効なのか?
・ヨガの叡智(えいち)はどのように子どもの教育に組み込めるのか?
・子どもに瞑想を教えるにはどうしたらよいのか?

などをお話ししました。

この対談は1時間のインタビューの第1部となります。第2部は来週お送りいたします。

真の意味で「楽しく生きる」ための、教育改革と入試改革

独立行政法人日本学術振興会理事長の安西祐一郎先生は、日本を代表する情報科学者及び認知科学者です。慶應義塾大学理工学部にて博士課程を修了し、カーネギーメロン大学客員助教授、北海道文学部助教授等を経て、1988年に慶應義塾大学理工学部教授へ就任しました。1993年には同大学理工学部長となり、2001年から2009年までの8年間、第17代慶應義塾長を務められました。2014年2月から2015年2月までは、第7期中央教育審議会会長に就任しています。著書「心と脳-認知科学入門」「問題解決の心理学」「教育が日本をひらく-グローバル世紀への提言」など、数々の執筆をされています。

 

教育改革について

小中高の各学校で養われるべきものと、その方法とは?

現在、2020年に向けて大きな教育改革が行われていますが、なぜ今このような改革が必要なのでしょうか?
続きを読む

意識的に生きることを学ぶ学校:One World Academy トランスフォーマー バーデン奈美さん

今週のゲストは、One World Academy でトランスフォーマー(メディテーション&WISDOM講師)としてご活躍されている、
バーデン奈美さんです。
奈美さんはハワイ、日本各地でセミナーを行ったり、個人セッションを行っていらっしゃいます。

One World Academy とは、「意識的に生きる」ことを学ぶ学校です。Wisdom (叡智)を通じて、意識的に苦脳の状態からぬけだし、
より美しい心の状態で瞑想などを実践し、幸せな人生を生きる方法を教えてくれる学校です。
様々な大企業の経営者がこの学校のプログラムを卒業して、学んだノウハウを経営や対人関係に活かしていることで、注目を集めています。

物質的、金銭的に満たされている大企業の経営者でも、自分が達成してきた成功の意味を見失ってしまう時があります。
苦悩は人間である上で避けて通れない道です。
しかし、その苦悩の状態から抜け出し、幸せな、美しい心の状態で生きる事は、どんな人間でも学ぶことができます。
One World Academy は、宗教の要素をすべてとり払った教育を行う事で、
いままでスピリチュアリティに興味が無かった方でも関心を持てるようにしています。

対談では、

・One World Academy でなにを学べるのか?
・意識的に生きることをどうやって実践するのか?
・苦脳の状態から脱け出す4つのステップとは?

などをお話ししました。

夢を実現させるには「夢のアウトプット」が大切 キャタル教師 天沼美佳先生

今週のゲストは、英語塾キャタル 教師の 天沼美佳先生です。

天沼先生はキャタルで英語を教える他にも、ご自分で英語のスラングや、洋楽の歌詞を教える英会話動画を作成・撮影してインスタグラムやYouTubeでシェアされていらっしゃいます。

英語塾キャタルで生徒達から大きな人気を集める天沼先生は、大学で学んだコミュニケーション学の知識をレッスンで実施されて、心と心のコミュニケーションをとるように意識されていらっしゃいます。

現在芸能界でのお仕事もされている天沼先生の夢は、もっとたくさんの人に英語を教えるテレビ番組を作ること。
東京オリンピックに向けて、一生懸命頑張っていらっしゃいます。

対談では、

・英語が誰でも上手になれるコツとは?
・夢を実現するために大切な習慣とは?
・初対面の人と上手くコミュニケーションをとるには?

などをお話ししました。

多彩で魅力溢れる天沼先生をぜひ応援してあげてください。以下のリンクから、天沼先生の英会話動画が見られます!

YouTube
BAMBINO Channel
https://www.youtube.com/channel/UCJ62aqxizhkX5LiISSK8Zww?app=desktop&persist_app=1&noapp=1

学校では教えてくれない地政学の授業 世界史 茂木 誠先生

世界史のスペシャリストである茂木誠先生は、
駿台予備学校、ネット配信のドワンゴN予備校で講師を担当されています。

「東大世界史」等の国公立系の講座を主に担当され、
iPadを駆使した独自の視覚的授業が支持を集めています。

学校の授業だけでは、現実の国際情勢のリアルな動きを学ぶことはできないそうです。
なぜなら、そこには「地政学」という重要な視点が欠けているから。

今回は、茂木誠先生に「地政学」の切り口から、
現実の国際情勢のリアルな動きを学ぶ方法を学びます。

▼世界のエリートが学ぶ「地政学」とはどんな学問なのか?
▼国際情勢のリアルな動きの読み解き方
▼これから世界で活躍するために大切なこと

英語で夢を叶える!(英語塾キャタル代表 三石郷史)

2017年最後のラジオは、英語塾キャタル代表の三石郷史による、
ラジオ総集編をお届けします!

これまでのゲスト対談から見出した

【英語教育の未来】

について熱く語ります。

2020年に大学受験が大きく変わり、
本当に使える学力が一層求められています。

▼これからどんな人が活躍するのか?
▼どういった能力を身につけておくべきなのか?
▼大人は子育てにどう関わっていけばよいのか?

といったテーマを具体的に語りました。ぜひお聞きください!

時代が求める【一生役に立つ力】とは? せたがや作文教室主宰 高清水美音子先生

世田谷生まれの高清水先生は、ライターと編集者の経験を元に、せたがや作文教室を始められました。
始めたきっかけは、ご自分の出産と育児経験。

これからの子どもたちには、どのようなスキルが求められるのか、どうやってこの時代を生き抜いていくのか。と考えた際に、
ご自分が常に極めてきた【書く力】と【考える力】がこれからの時代には求められるようになる、と気づかれたそうです。

高清水先生は、書くことができれば、人生が半分楽になるよ、と日々生徒さんに教えています。
どんな職業でも、どんな時代でも、人間として生きる上で、書くことは避けて通れません。
逆に、書くことが上手だと、スムーズにコミュニケーションがとれて、ビジネスに限らず、日常生活全般で物事が上手く進むというのは視聴者の皆様も実感されていることだと思います。

ラジオ対談では、

▼作文を上手く書くコツとは?
▼国語嫌いを克服するには?
▼新しい入試問題の解き方は?

といったことをお聞きしました。

英語の専門家対談が実現!(レアジョブ代表 中村 岳氏)

今週のゲストは、スカイプ英会話のレアジョブ代表 中村岳氏です。

「日本人1,000万人を英語が話せるようにする。」

をミッションに、インターネットで英会話が学べるサービスを展開しています。

世界中の人々が国境や言語を超えて活躍できる社会づくりを目指されています。

英語塾キャタル代表の三石と、インターネット英会話レアジョブ代表の中村氏による、
英語の専門家対談をどうぞお楽しみください!

ラジオ対談では、

▼インターネット英会話を始めたきっかけ
▼英語を伸ばすにはどんな勉強が効果的なのか?
▼グローバルに活躍できる人の条件

といったテーマが出ました。ぜひお楽しみください。

書道を通じて自分自身と向き合う 書道家遠藤夕幻先生

今週のゲストは書道家の遠藤 夕幻(えんどう ゆうげん)先生です。

人生の大半を海外で過ごしてきた帰国子女のメインパーソナリティ笹原の日本文化をもっと知りたい、という一心で、遠藤先生をゲストにお招きしました。

遠藤先生は無添加書道(むてんかしょどう)という言葉を掲げ、独自の書の道で生きる無所属の書道家でいらっしゃいます。

20代前半には、書道の道具を一式積み込み、バイクで日本一周の旅に出て、地方で様々な出会いや、人と人との繋がりをご経験されました。

若干22歳で夕幻書道教室を開講されて、2009年より、独自の教育方法で書道教室を展開されました。下は4歳から上は99歳までの指導経験をお持ちでいらっしゃいます。2016年には「あなたがいたからできたこと」という作品集と自叙伝を兼ねた著書を出版されました。対談では自叙伝を一冊サプライズプレゼントしてくださいました。

遠藤先生と対談でお会いした最初の瞬間から、真っ直ぐで、純粋で、おおらかな心をお持ちだということを実感しました。お話を聴きながら、書道を通じて、今の自分と向き合う、ということを遠藤先生の人生そのものが体現されていることに気づきました。

現在、東大島と吉祥寺で教室をされていらっしゃいます。書道にご興味のある方、なかなか字がうまく書けないと悩んでいる方は、ぜひ足を運んでみてください。

夕幻書道教室 ~教室案内~
https://peraichi.com/landing_pages/view/yugen1122

遠藤先生のブログ
http://mutenkashodo.blog.fc2.com/

ラジオ対談では、

▼字が上手く書けるようになるコツとは?
▼書道の本質とは?
▼無添加書道の「無添加」とはどういう意味?

といったことをお聞きしました。

時代とともに進化を遂げる広尾学園の魅力とは 副校長 金子 暁先生


一番右が広尾学園副校長の金子 暁(さとる)先生

今週のゲストは広尾学園副校長の金子暁先生です。

金子先生は順心女子学園に社会科教諭として勤務されました。生徒急減期の体験を経て、
2007年の校名変更と共学化に合わせた広報戦略を担当されました。
学校人気が急上昇する中、2009年からキャリア教育を兼任、2011年からICT 教育を兼任。
2013年からはそれらを統合した教務開発部の統括責任者をお務めになりました。2017年から副校長を務めていらっしゃいます。

ラジオ対談では、

▼広尾学園ではどのような先進的な教育が行われているのか?

▼広尾学園の学生はどのような大学に進学しているのか?

▼時代とともに変わる教育に広尾学園はどのように対応しているのか?

といったことをお聞きしました。

これからの「学び」に対応する変化と、求められる力

 

「すずかん先生」の名で知られている鈴木 寛(ひろし)先生は、東京大学及び慶應義塾大学の教授であり、文部科学大臣補佐官、日本サッカー協会理事、社会創発塾塾長といった、数多くの役職を務められています。
東京大学法学部をご卒業後、1986年に当時の通商産業省へ入省しました。慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス助教授を経て、2001年には参議院議員に初当選しました。12年間の国会議員在任中、文部科学副大臣を2期務められ、高等学校の完全無償化などといった教育政策において数々の実績を残されました。2012年には、一般社団法人社会創発塾を設立し、2014年より、東京大学公共政策大学院教授、慶應義塾大学政策メディア研究科教授に同時就任されています。国立と私立の両大学で教授として就任される例は過去になく、鈴木先生が初めてのケースとされています。
続きを読む